独自視点を見つける!!この方法を試したことありますか?

IMG_0200

「人を動かす文章術(齋藤孝著)」を読んで、文章力の極意を学びました。

本を読んで、独自視点で読書エッセイを書く方法とは?

「読んでて、これは!と思う箇所をピックアップして、そこにコメントをつけていく」方法です。

本の中から「引用したい文」または「好きな場面」のベストスリーを選び、そのベストスリーについて「なぜこの文、この場面が好きなのか」と、コメントをつけていく方法です。選んだ時点で何かしらの心の動きがあったはずです。その心の動きを言葉にするのがコメントです。自分でつけたコメントには、あなたの視点が含まれているはずです。

人を動かす文章術(齋藤孝著)より

読んだその瞬間に心に上ったことが自分の素直なコメントなんでしょうね。読んでじっくり考えて、頭でよくまとめて書くことも大切です。でもぼくの場合、そうするといつの間にか、自分が思った率直な意見ではなく、正論と思われる正しい文章を書こうとしてしまいます。読んだあとの心の動きを忘れずにメモしておきたいと思います。

上記の方法で、「人を動かす文章術」から気に入った箇所を3つ選んで、コメントをつけてみました。

・読書エッセイ

読書エッセイでは、その本からどのような刺激を受け、それによって自分の考え方がどう変わったのか、その部分をテーマにするのです。

「自分の考え方の変化を書く」とは新たな発見。読書感想文は本を紹介するものと思っていたが、本より自分を紹介するのもいいんだね。本の中では些細と思われる箇所でも、その部分で自分が刺激を受けたのであれば、そのことを書く。人が注目しない箇所で刺激を受けることができれば、それこそ自分独自の視点になる。

・想像力を膨らませて文章を書く

想像力によって膨らんだ、ある種の妄想を文章としてきちんと展開させると、自分の想像力を飛翔させる面白い練習になります。

妄想を映像化する、ダウンタウン松本さんのコントづくりに似てる。身の回りの出来事、ニュース、誰かとの会話、などをきっかけにして妄想してみようかな。想像・妄想をブログ記事にしたら、余りにもぶっ飛んで非現実的になってもどうかなと思ってた。でもそれなりに展開して文章として成り立っていればオーケーなんやね。その非現実が独自視点でおもしろいのかも。妄想にひとつ付け加えるとすれば、想像力によって膨らんだ、ある種の発想。

・文章を書くために段取りをする

文章を書くための段取りとは何でしょうか? 最初に必要な作業は、書くための「ネタ出し」です。まずは、書くべき事柄をメモに書き出してみましょう。

これまた新発見、ネタ出しですかぁ。書こうと考えてることを箇条書きでもいいから、とにかく手当たりしだい書く。これを実践している日は、短時間でブログを書けている気がする。頭の中でネタ出しすると、そのネタをどう文章で見せるかも一緒に考えてる。ネタ出しとネタ見せで、ぼくの頭の中は混乱。そのためブログを書くのに必要以上の時間がかかっている。

今日のStyle

読書エッセイの敷居がぐっと低くなりました。

本の中から、気に入った部分を数ヶ所引用し、自分のコメントをつけていく。本を通して自分の考えの変化を紹介すれば、独自視点の読書エッセイができますね。

この方法で独自視点で書く力をつけたいと思います。