ゼロ秒思考!考える力をつけ心を整理する!

IMG_0264

昨晩、妻との会話で「考える力をつけたいね」との話題になりました。二人とも「思考力とアウトプット」が足りないなぁと感じています。

ぼくはブログを書くようになって、如実にこれが自分の課題だと痛感。考えをうまくブログの記事にできない。普段あれこれ考えているものの、ブログを書く段階になると指が止まり、短文になる・・・ 考えを全て出しつくせないんですよね・・・

ということで、何か良書はないかとネットで探していたところ、写真の「ゼロ秒思考(赤羽雄二著)」を発見!ブログの指南書ではありませんが、根底では相通じるところがありそうです。

早速きょう図書館で借りて、もう完読しました。

ゼロ秒思考とは?⇒思考の質とスピードの到達点

ゼロ秒思考に近づく方法⇒頭に思い浮かんだことを、とにかくメモする

これだと庶民のぼくらでもできそう~。

引用しながら具体的にみていきましょう。

ゼロ秒思考

ゼロ秒とは、すなわち、瞬時に現状を認識をし、瞬時に課題を整理し、瞬時に解決策を考え、瞬時にどう動くべきか意思決定できることだ。迷っている時間はゼロ、思い悩んでいる時間はゼロとなる。

ゼロ秒思考より

迷わず瞬時に問題の核となる部分を見極める力といったらいいでしょうか。瞬時にできるってすごいですね。

ゼロ秒思考が身につけば、ブログもすらすら書けるかな。

ゼロ秒思考を身につける方法

ゼロ秒思考を身につける最短、最良の方法が、ここまで何度か言及してきた「メモ書き」だ。

ゼロ秒思考より

思考とメモは気っても切り離せない関係なんですね。

数千ページ書き、多くの人に書いてもらううちに、メモを書くと自意識を取り払い、素直にものを考えられるようになることに気づいた。1分という制約の中で、素早く迷わず、相当量を書き出すことが鍵だったと考えている。

ゼロ秒思考より

単に考えたことを書く作業ではないようです。「素早く相当量を」ここがポイントです。

どういうふうに素早く相当量をメモするんでしょうか?

具体的にはA4用紙を横書きにし、1件1ページで、1ページに4~6行、各行20~30字、1ページを1分以内、毎日10ページ書く。したがって、毎日10分だけメモを書く。

ゼロ秒思考より

サンプルがのってます。

IMG_0266 左端にタイトルを書きます。最初に頭に浮かんだことがタイトルになりそうですね。そのあとは、ひたすら頭に浮かぶことを書いていく。きれいな文章にしようと思わずに、とにかく思いついたことを書く、書く、書く!つぶやきのようなことでも思いついたら全て書く、書く、書く!これでOK!

10ページ分も書くことあるかな・・・。というか、そんなにいろいろ考えているだろうか・・・。これはかなり思考とアウトプットの訓練になりますなぁ。

いかなる効果が?

メモ書きの効能も書かれています。

・頭と心が整理される

考えていることを言語化するので、かなり整理されると期待できます。自分の考えが見える化されるので、「あぁ、自分はこんなことを考えていたのか」とすっきり。抽象的な言葉が減り、具体的なことを言えるようになるんじゃないかなと思います。

・自信が出てポジティブに

メモることで、心配していたこと気になっていたことがわかってくる。それと同時により大事なことが見えてくるので、そちらに集中!気になっていたことは、それほど悩むことじゃなかったんだ~って気づけそうです。

・腹が立たなくなる

この効能いいですね~。モヤモヤや不満や怒りをメモして、それを自分で見ることで客観的になれるんでしょうね。「そんなに怒ることでもないかな・・・」と。アイデアを言語化することはあっても、怒りをメモすることはなかった。これは新発見です。怒りはぜひとも言語化して、菩薩のような心の持ち主になりたいものですな。

思考だけではなく、メンタルにもいい影響が出るんですね。

メモしたくなってきました~。

今日のStyle

思いついたことをメモする!

とてもシンプルですが、かなりの効果が期待できます。

興味を持った方はぜひゼロ秒思考(赤羽雄二著)を読んでみてください。新たな発見があると思います!

ブログと同じでまずは3カ月続けてみます!

シェアする

フォローする