生活支援員のつぶやき

就労継続支援B型事業所で働いています。

就労継続支援B型事業とは?

「NPO就労継続支援B型事業」~事業所数に驚いて頭に浮かんだ8つのこと
ぼくが働いているのは、就労継続支援B型事業所です。 就労継続支援B型事業とは? 通常の事業所に雇用されることが困難であって,...

B型事業所には、職業指導員、目標工賃達成指導員、生活支援員てのがいます。

現在のところ「生活支援員」として活動しています。

入ってすぐのころは「生活支援員として頑張りますー」と意気込んでたんですが、

1カ月ぐらいすると、生活支援員の重みを感じ出しました。

だって生活を支援する員ですよ。ってそのままなんやけども。

「生活支援」って名前が範囲が広すぎる!どこからどこまでですかー、と思うね。

生活支援員って何をするの?って聞かれます。

すごく簡単にいうと、就労を目指す人たちの「生活していく力の向上を目指した支援」です。

だからものすごく広範囲にわたる。

身の回りのことはどれぐらいできるか?就労したら自律して仕事をつづけていけるか?

余暇は楽しく過ごせるか?お金の管理とかどうやろうか?人のコミュニケーションはとれるか?

できること・できないこと、したいこと・したくないことの意思表示はできるか?

支援することが本当に広範囲にわたります。

働いてて思うのが、どこまで支援員として踏み込んでいいものか?ということ。

生活支援といえどもプライバシーや個人の好み、個性もある。

支援員がよかれとおもったことでも、本人にとってはすごく有難迷惑なんてことにもなる。

就労を目指す人の作業ぶり・生活の様子を見守っているつもりが、いつのまにやら管理して

いるようにもなる。このあたりの線引きがなかなか難しいです。

何をどう支援するか?人が自律・自立して生活する上で必要なことは何か?(単なる衣食住の問題ではなくて)をひたすら考えています。

「生活していく力の向上を目指した支援」

生活していく力とは、生活していく力とは、生活していく力とは・・・

就労継続支援B型事業所はNPO団体なので、NPOについても知っておいたほうがいいです。
ぼくが就労継続支援B型事業所で働く前に読んだ、NPO関係の本を紹介しておきますね。

シェアする

フォローする