ちきりんさんの記事を読んで 自分にとってプラスになった決断や選択を考えてみた

ちきりんさんの最新記事、報われた決断と投資@人生がおもしろかったです。

ご自分の人生をランキング形式で振り返るものでした。

Twitterでも↓

時々自分がしてきた選択・決断を振り返るのはいいですよね。

いまの自分がどういう過程で形作られてきたかを、改めて考える機会になります。

今年で38歳、少しずつ振り返る材料がふえてきました。

ぼくはこれかなぁ↓

もう少し詳しく書いてみます。

プラスになった決断・選択 6位~1位

特に意味はありませんが、6位から始めます。(すぐ思いついたのが6つだった・・・)

6位 全国各地に住んだこと

地元以外では1都4県に住みました。

その土地によって、人々の気質や風土の違いを体感できよい経験をしました。

地元ではあまり主流ではないことを発見できたり。

中部地方に住んだとき、喫茶店の多さにびっくりました。「喫茶店でモーニングを食べる」のが日常的で、ぼくもよく誘われました。

ぼくが生まれた長崎ではあまりない習慣だと思います。

当初「モーニングを食べる」の言葉に違和感を感じたのを覚えています。

5位 10年間で通算11人とルームシェアしたこと

人から学ぶことは本当に多い!物事のやり方は何通りもある!ことを学べる経験でした。

通算11人とルームシェアしたぼくが思う、ルームシェアを始めるときに考えるべき5つのこと その2
ルームシェアとは 誰か一人がアパート・戸建て等の賃貸契約をして、主に知人友人と共同生活をすること。契約した人が家賃を払い、一緒に住...

4位 農家で働いて土の力を感じたこと

仕事の分野では断トツ1位の経験です。

農家の生まれではありません。「やったことがない仕事を経験してみよう!」のコンセプトの

もと、人生で一度は農業をしておこうと思い農家で働かせてもらいました。

「地に生まれし者は地において養われるほかなし」を肌で感じましたね。

太陽と水もすごいパワーだけど、「土」最強説もあり得るなと。

副次的なこととしては、鍬(くわ)を扱えるようになったことでしょうか。

これから先何かあっても、とりあえず鍬と耕作放棄地さえあれば、何とかなるかなと思います。(何かってなんでしょうか)

3位 実家を離れ県外へでたこと

ここからすべてが始まったといっても過言ではありません。

地元を離れ、見るもの聞くもの全てが新鮮でした。

家事・炊事・お金の管理等、生活面で鍛えられましたね。地元を離れると同時にルームシェア

を始めたので、余計学ぶことが多かったと思います。

2位 モンゴルに5年間住んだこと

政府宮殿

IMG_0924 (1)

建設ラッシュの首都ウランバートル

IMG_0923 (1)

モンゴルはとても自由だなと感じる国で、人々の気質はもてなし精神旺盛です。

異文化を知ってるのと触れるのとでは、やはり違うなぁと思いました。

モンゴル大好きです。大変興味深い国で、日々ハプニングの連続でした。

突然バスが炎上して降りざるをえなかったこと2回、店員さんがレジで「お釣りがない」から

と、別の店に両替に行かされたこと。上空から牛乳が降ってきたこと、それからそれから・・・

毎日普通に起こることがネタだらけで、おもしろくてしょうがなかったです。

予測不能なことが日常茶飯事だったので、少々のことでは動じなくなり細かいことを気にしなくなりました。

海外生活はホント収穫ありますよ~。

自分には当たり前のことでもほかの人にとってはそうじゃない だからこそ情報発信には価値がありますね
昨日ラジオを聞きながら考えたこと 自分にとって当たり前のことでも、ほかの人にとっては初耳ということがある 昨日車...

1位 結婚したこと

PD_2_File_005

遅ればせながら昨年結婚しました。(興味ねーっと言われそうですが)

人生で一番大きな決断といえば結婚ですねぇ。

2~6位は自分だけで完結する選択でしたが、結婚はそうはいきません。

ずっと一人で走ってきた自分にとって、とても大きな決断です。

結婚はお互いの性格・価値観の違いが知れていいものですね。二人でどんどんパワーアップしていけそうです。

いままで以上に妻と家が好きになりました。やっぱり家が一番ですな。

ブログやライティングの活動に関しても、妻が大変理解を示してくれています。

本当にありがとう!

今日のStyle

簡単に振り返ってみました。時々思い返すといいですね。

経験したこと全てを通していまの自分が形作られてるので、失敗でもプラスになってると思います。

今度は「失敗と思えるような選択や決断」ランキングにしてみます~。

シェアする

フォローする