撮り方と見せ方で写真が変わる!誰でも素敵な風景写真にできる3つのコツ

FullSizeRender (35)

プロカメラマンほど技術がなくてもいいけど、もう少しいい写真を撮りたいと思ってますか?

撮り方と見せ方を意識すれば素敵な写真に変身します!

初級写真講座を受講しているぼくが、誰でもできる3つのコツをご紹介します。

3つのコツとは、

  • 単調な写真にならないように補色関係にある色を入れる
  • 地平線をどこに設定するかで写真の雰囲気が変わる
  • 花畑を撮るときは奥行きを意識する

高性能のカメラじゃなくても、意識するだけでもだれでもできますよ。

では写真付きで1つずつ解説していきます。

あ、「コツがわかったからいいよ」とぼそっと言いました?

せっかくなので、淡路島で撮ったぼくの写真をみてやってください♪

補色関係にある色を入れる

風景を撮ると単調になってしまうことがあります。

景色を見たときは「うわ~、素敵~」と思ってパシャッとシャッターを押すんですが、帰ってから見ると何だか味気ない。

そんなときは補色関係にある色を入れてみましょう。

ざっくりとこんな感じで覚えておけばいいかと、

青⇔オレンジ 赤⇔青緑 黄⇔青紫

なので、青と緑のモノを並べて撮ると単調な雰囲気になってしまいます。

緑がたくさんの写真であれば、赤系のモノが周りにないか探してみる

黄色が多い写真の場合は紫系を入れてみる

例えばこの写真、緑一色で単調です。ここに緑の補色である赤のモノを入れると・・・

IMG_1050

トラクターが走っていたので入れてみました。印象が大分変わりますよね。

IMG_1032 (2)

こちらも緑一遍なので少し単調。これに補色を入れましょう

IMG_1040

赤系を入れることで印象が変わりますね♪

FullSizeRender (36)

色を意識するだけで素敵な写真に変身しますよ!

色の対比を詳しく知りたい方はこちらをどうぞ 色相環

地平線をどこに定めるか

縦横のラインを工夫するだけでも印象が変わります。

こちらの写真。トラクターが走ってる道を地平線に設定しました。写真の3/1が道になってる感じがしますね。これを少し変えてみると・・・

IMG_1049 (1)

地平線ラインを一番下までもってくることで、空の部分が多くなりました。

こちらのほうが雄大さが伝わるかなと思うのですが、いかがでしょうか。

IMG_1048 (1)

地平線・水平線をどこにするか?を意識してみましょう!

花畑を撮るときは奥行きを意識する

お花畑を一枚の写真に収めるって結構難しいなと感じています。

人間の眼は全体を見れるけど、カメラだとやっぱり部分部分になってしまう。

ぼくは花畑を撮るときは奥行きが写るようにくふうしてます。

高さと距離を変えて撮るといいですよ~

花だけに集中すると「花畑」の感じが伝わらないかなと思います。

こちらは花に近づいてやや低い位置から撮りました。

これはこれで綺麗だと思いますが、広く見えた花畑が伝わらない写真になってます。

IMG_1013

花からの距離と高さを変えてみると・・・

FullSizeRender (35)

奥に見えていた紫花畑(何の花だったっけ?笑)がしっかり写ってます。

花畑を広く見せたいときには奥行きを意識してみましょう~。

今日のStyle

  • 単調な写真にならないように補色関係にある色を入れる
  • 地平線をどこに設定するかで写真の雰囲気が変わる
  • 花畑を撮るときは奥行きを意識する

この3つを意識するだけで素敵な写真になりますよ~。

お役に立てれば幸いです♪

シェアする

フォローする