違うなと思ったらすなおに軌道修正したほうがいい

Umnugovi 190

自分が立てた予定や計画にたいして「あっこれ違う」と思ったらすぐに軌道修正したほうがいい。変な意地はいらない。素直に間違いを認めて別の計画を立てて、どんどん改善していったほうがいい。

兼業ライターを続けていて改めてそう思います。

甘ちゃん思考は成長をとめる

少し前に口に出した自分のライター活動の予定を見直すことにしました。

もう変えるんかい!とつっこまれたとしても、何のこだわりもなく変更します。だって軌道修正したほうがいいと思ったのですから。

兼業ライターとして、週2日活動して本業の日はライター活動しないと決めていました。

家族との時間がとりたい、ぼくが毎日パソコンの前でカタカタやっていたら妻が退屈するだろう、そんなふうに考えていたんですよ。

でもそんな格好いいようなことを言いながら、実はそこに単に自分が休息とりたかっただけという理由もあった。

と、ところが・・・そんな計画を修正する好機がおとずれたのです。

なにかを極めたければ時間をふやそう

なんと妻がクラウドソーシングサイトのランサーズに登録して副業を始めたのです!あっという間にパソコンを購入してランサーズで最初のタスク案件を納品。しかも速攻で承認。

そんな妻の様子と「あなたのことを応援するから♪」の一言で、ぼくは改めて兼業ライターとしてどういう日々を過ごすかを考えさせられました。

自分が立てた予定はどうも違うみたいだった。

なにが違うかって?いやあ、なんか甘かったなと思って。

専業ライターを目指している身としては、こんなんじゃアカンでしょう。とにかく書く時間を増やして書きまくる時期なのに、自分に限界をつくっていました。

なので、前言撤回することにしました。

先週から実行しているのですが、本業の日は朝の出勤前と晩にそれぞれ1時間ずつ記事を書いています。1日2時間ってかなり大きいですよね。

もちろん妻と過ごす時間もとりつつの予定。

当然ながら、案件の進み具合がいいです。そりゃそうですよね。毎日書くなり構想をねるなり、記事に必要な情報収集しているわけですから。

いま思えば(といってもそんなに経ってないのですが)、なんであんな予定にしたんだろう。

週2日だけしかライター活動しなかったら、できる案件が限られてくるでしょう。それこそ、単発案件しかできなくて、いつまでも安い文字単価でやっていかないといけない。

 今日のStyle

違うなと思ったので軌道修正して、週○日だけの限定ライターはやめました。

このさきも、「あっいまの自分なんか違う」とおもったら迷わず軌道修正していこうと思います。

シェアする

フォローする