紫川ラーメンは播州ラーメンの王者!とにかくやさしくて旨い!

紫川ラーメン

こんにちは!

おみやげライターの嶋田コータロー(@SRokota)です。

先週書いた「23年ぶりにプールに入って泳げるのか?兵庫県小野市アルゴで泳いできたよ」の続きです。

いや~、先回の記事からもう1週間もたつんですか・・・。はやい!まだ3日ぐらいしかたってないと思ってました。

おみやげサイトOMIYA!での仕事が楽しすぎて1週間あっというまです。

と、それはさておき、プールに行った帰りに播州ラーメン食べたので紹介します!

播州ラーメンとは

ぼくは兵庫県に引っ越してきて、はじめて播州ラーメンの存在を知りました。知らない人もけっこう多いんじゃないかなぁ。

播州ラーメンとは、主に播州地方で食べられているラーメンです。播州地方は、兵庫県南西部のこと。兵庫県西脇市、加東市のラーメンが有名かと思います。

九州人のぼくからすると、播州ラーメンはあま~いしょうゆラーメン。

甘口しょうゆラーメンとでも思っておけばよかですよ。

播州ラーメン「紫川ラーメン」の外観

ぼくが今回食べたのは、兵庫県加東市にある「紫川ラーメン」です。

旨い旨いと聞いていたので、けっこう期待して行きました。

着いてびっくり!開店時間からわずか5分後の11:05には、車が何台もとまっていましたよ。

すごい人気ぶりです。皆、お昼の混雑を避けて早めにきたんでしょうかね。

おそらく混まない時間なんてないのでしょう。

紫川ラーメン

紫川ラーメン

▼第2駐車場

紫川ラーメン第2駐車場

お店の前の駐車場が満車のばあいは、第2駐車場へ。お店の裏にあるのですぐにわかりますよ。

紫川ラーメンの店内

「店内の写真もいい感じに撮るぞー!」と意気込んで行ったのですが、狭すぎて撮れない事態に。なので、店内写真はありません!

座席は4人掛けのテーブルが3つ、座敷が3席(4人座れる)、カウンター10席ぐらいです。

店内は凝った装飾など一切なく、アットホームな感じで食べられますよ。

注文は食券制ではなく、店員さんがオーダーを取りにきてくれますので、おとなしく待ちましょう。

ラーメン2杯食べれば200円引き

紫川ラーメンのメニューは超シンプル。食事はラーメンとライスのみ!

「え~、なんにしようかな・・・」なんて迷わなくていいから楽ですね。播州ラーメンとすら名前がついていないのもいいなぁ。

紫川ラーメンメニュー

▼麺の硬さとスープの濃さを選べます

紫川ラーメンメニュー

紫川ラーメンメニュー

ラーメン2杯食べると200円引きになるサービス。

ラーメン1杯600円なので、通常であれば2杯で1,200円。上記のサービスを利用すれば1,000円!

3杯目からは100円引きとあるので、3杯食べれば→1,000円(1,2杯分)+500円(3杯目)1,500円になりますね。ただ、1人で食べないといけないようです。

紫川ラーメンの鉢は小さめなので、男性であれば2杯は余裕で食べられるでしょう。女性でもお腹をすかせた状態であれば、軽くズズズーと2杯いけると思います。

紫川ラーメンはあまくやさしいラーメン

▼これが播州ラーメンの王者「紫川ラーメン」のラーメン!

紫川ラーメン

メニューだけではなく、ラーメンも超シンプル。ごっついチャーシューがあるわけでもムダに野菜が盛られているわけでもない。見た目おとなしいラーメン。

食べた率直な感想は「くぅ~、なんてやさしいんだろう!」です。

とんこつに慣れすぎているぼくからすると、ホントあま~く感じるラーメン。

とんこつのようにズドーンとお腹にくるわけでもなく、おだやか。これはいいわ!さらっと食べられます!

そしてやさしいのはラーメンだけじゃないんです。店員さんも穏やかでさわやか。

気持ちよく食べられるお店ですよ!

▼おいしくて全部飲みほしました。

紫川ラーメン

一緒に行った妻から「全部飲むなんて珍しいね~」と言われました。ま、それだけおいしかったということです。

やさしい播州ラーメンの味を好きになりそうです。また行ってみたいと思えるラーメン屋でした!

アクセス

道沿いに「紫川ラーメン」の看板がでているので、すぐにわかると思います。

人気店の向かい側にもラーメン屋がありましたが・・・

店舗情報

  • 住所:兵庫県加東市下滝野1丁目105-1
  • 電話:0795-48-1678
  • 営業時間:11:00~20:00(スープがなくなり次第終了)
  • HP:なし

ラーメンのあとに甘いものが食べたくなり、兵庫県加東市の和菓子屋へ行くことに。

次回は、「加東市の御菓子司 開進堂の『生クリームいちご大福』が絶品!」をお送りします。

兵庫県加東市「御菓子司 開進堂」の生クリーム入りいちご大福が絶品!
こんにちは! おみやげライターの嶋田コータロー(@SRokota)です。 先回の記事、播州ラーメンの王者「紫川ラーメン」...

シェアする

フォローする