ご当地スーパーでお土産を買うという手があったか・・・

こんにちは!

おみやげライター嶋田コータロー(@SRokota)です。

気になったTwitterのつぶやきがありましたので、記事を書いてみようかと。

OMIYA!ライターのになさん(@saitama_sanpo)のツイートです。

え~っ、これ持ってない~。

「お土産本のコレクターとしてこれは買わんばばい!」となりましたので、即買います。

どんな本かめちゃくちゃ気になります。とくにスーパーのほう。

・・・、

そっか、スーパーでもお土産買えますね!

ご当地スーパーはすべてがお土産

ご当地スーパーで思い出したのが、ぼくの地元である長崎県のスーパー。

なかよし村というスーパーがあるんですけど、そこはめちゃくちゃご当地感満載です。

長崎・佐賀県で店舗展開しているスーパーの、新しい業態の店舗なんです。(こちらもご当地ものなんですけどね)

で、このなかよし村、長崎県内に3店舗しかなくて、そのうちの1つがぼくの地元にあります。

なかよし村に行けばこんなことを楽しめますよ。

1.畑が近いので地元の農産物を買える

2.近くに漁港があるので地元の海産物を買える

3.長崎銘菓コーナーがある

▼2017年12月の帰省の際にたくさん長崎土産をゲットしました。

長崎土産

4.地元の人とふれあえる

漁師さんが住む地域にしては荒っぽい方は少なく、ホントいい方が多い。

5.地元の方言を聞ける

運がよければ「はよ行きんしゃい」を聞けるかもしれません。これを訳しますと「はやく行きなさいよ」となります。

6.揚げたての天ぷらを食べられる

スーパーの近くに地元の蒲鉾工場があります。そのお店がつくる揚げたて蒲鉾をスーパーで食べられます。揚げたての蒲鉾って食べたことあります?お土産に揚げたてを買って、ぜひ友人にあげたって。

ここの蒲鉾、なんと全国蒲鉾品評会で農林水産賞を受賞してるんですよ。(そんな品評会があるなんて知らなかった)

7.長崎県産のものが食べられるすし屋が隣接している

8.ローカルでなんともいえない雰囲気を楽しめる

こうやって見ていきますと、ご当地スーパーはすべてがお土産と言ってもいいぐらいですね。

ぼくの地元のスーパーを例にとってみましたけど、他のご当地スーパーにも共通する部分があるんじゃないでしょうか。

「これめっちゃローカルやん!」と言いたくなる、地元のものが必ずあります!

旅行でお土産を買うというと、空港や駅でつい地名の入ったチョコやクッキーを買ってしまいがち。

でもそこをあえてレンタカーを借りてでもご当地スーパー巡りをすれば、ホントにそこにしかない「土産」を楽しめます。

お土産は食べ物や飲み物や工芸品だけじゃないですもんね~。

もしかしたら行きたくなる人がいるかもしれないので、地図を貼っておきます。

旅行をしたらスーパーにも寄ろうと思います

ぼくは旅行でも車を使うことが多いです。

そういえば、新婚旅行では北海道に車を持参して、600キロぐらい走りました。

そこでも地元のスーパーによって、摩周湖ドレッシングと摩周湖ポタージュを買いましたね。(ネーミングだけじゃなくて、素材も北海道産)

なんかそのときの光景を思い出してきた・・・

ご当地スーパーでお土産を楽しむのもいいですよ~

*になさん(@saitama_sanpo)のおかげで記事が1つ書けました。ありがとうございました!

シェアする

フォローする