いい気分でいること

こんにちは!

おみやげライター嶋田コータロー(@SRokota)です。

美味しくご飯を食べたいなら いい気分でいること。

いい気分でいるためには、「よく寝るとか感謝するとか 毎日のささいなことをおろそかにせず、自分のリラックスモードを知っておくこと」だとわたしは思います。

と、なんでそんなことを書くかといいますと、妻との会話がきっかけで考えることができたから。

妻と自宅で美味しい鍋を食べたことから、先月長崎県平戸市へ旅行にいった話になりました。

宿泊先のホテルの食事がとても美味しかったという話。朝食も夕食もバイキングで、質も量も満足のいくものだったんです。

そんなことを思い出しながら、「なんで旅行のときは朝食が美味しいんだろう。普段朝ごはん食べないのに、なんで旅行のときはモリモリいけるんだろう」という話題に。

なぜだろう?あれこれ意見がでました。

  • 気分が開放的になっているから
  • 普段していることをしなくていいからリラックスしているから
  • 脳が楽しんでいる
  • 非日常的だから
  • 皆と食べるから
  • 美味しいものがあるから
  • おかわり自由だから
  • デザートがあるから
  • 朝食にカレーがあるから

・・・

と、いろいろ出たんですが、わたしなりに超ざっくりまとめますと、「いい気分だから」のひと言につきます。

そうなのであれば、普段もいい気分であれば朝食がモリモリ進むはずです。

では、そのいい気分をどう維持していくか?さすがに毎日旅行するわけにはいきません。

そこでわたしなりに出した考えが、冒頭の一文なのです。

  1. 家族に感謝の言葉伝える
  2. よく寝る
  3. 自分が何をすると、または何があればリラックスできるか知っておく(わたしは読書、コーヒー、客のいないカフェ、午前中の温泉)
  4. 自分が何をすると&されると、またはどこへ行くとストレスがたまるか知っておく(わたしは頻繁に人と会うこと、ワイワイ騒々しい雰囲気の場)

3,4について自分を分析することで、いい気分につながることを自然とするようになるし、逆にストレスを感じることを避けることができます。

よって、大体いつもいい気分の状態を保てて、ご飯も美味しくいただけるのではないかと!

と、そんなうまくいかないでしょうけど、上の4つを意識するのとしないのとでは全然違うと思います!

美味しくご飯を食べるために いい気分でいたいものです。

シェアする

フォローする