思いついたらその日に書く

こんにちは!嶋田コータロー(@SRokota)です。

ことし(2017年)から再びブログ毎日更新をやっています。

続けていくためのヒントとなる言葉をTwitter上で見かけましたので、残しておきます。

ノートに書く日記でもブログに書く日記でも、続けるにはやはりネタが必要です。

手帳に書く日記でしたら、〇〇食べた・〇〇へ行ったと、ホントひと言ふた言でもいいのだと思います。だれにも読まれないだろうから。

ネットでブログ記事として発信するのであれば、不特定多数の人に見られる可能性があるわけだから、しぜんとハードルが上がってきます。まぁ、自分でかってにハードルをあげているのでしょうけど。

「書くことがあまりないなぁ」と思うことがありますが、じつは濃いとはまではいかなくてもネタはつねにあるなと、最近思うようになっています。

これと関係あるのが、上記の森博嗣botの言葉です。「思いついたことをすぐに書く。・・・その場で書いていれば、いつも思いつくようになる」

まったく何も考えずに生活しているってことはありえないと思っています。

あまり物事を深く考えないわたしですら、なにかしらのことは考えている。

で、そうやって考えているときに、ふと自分の中ではユニークなアイデアや、世間のあれこれを眺めてて、自分なりの考えが浮かんでくることがあります。

それをネットメモ帳にかきためておいて、ブログネタとして保存することもありますが、最近は、なにか思いついたらできるだけすぐに書くようにしています。

毎日ばらばら色んな内容になるけど、ブログ日記を続けるというわたしのいまのスタンスでいえば、このやり方でいいでしょう。

毎日書く→ネタが必要→思いついたことがネタ→そのネタをその日に書く→次の日には次の日の。

カレーうどんのことが気になっていて、もし語ることがあるのであれば、すぐに書くのがいいですね。(なんか知らないけど、きゅうにカレーうどんを思いついた)

思いついてすぐに書けば、頭の中にある新鮮なカレーうどんネタがほいほい出てくるはずです。あとで書こうと思ってメモしてても、けっこう忘れてたり、もういいか~となることがあります。

思いついたことをすぐに書く。すぐに書けば、いつも思いつくようになる。

これをことし一年意識していこうと思います。

シェアする

フォローする