当たり前のことだけについ忘れがちになる 「ありがとうございます」を忘れないように

こんにちは!嶋田コータロー(@SRokota)です。

先週土曜日、無事セミナー講師としての務めがおわりました。

その晩、Twitterで以下のことをつぶやきました。

仕事や私生活でうまくいきはじめると、つい大切なことを意識するのを忘れてしまいます。

自分がいまあるのは、多くの人の助けや支えがあったからであり、また他人から学べたからです。

自分一人でなんでもやってきたかのような顔はできません。

セミナーのお仕事をいただけたのは、OMIYA!で好きなことができていたからこそ。

OMIYA!で仕事ができるのは松本博樹さんと出会えたからこそ。

松本さんと知り合えたのは、なつみとさんからライター業について具体的に学べたから。

そもそもライター業に興味をもったのは、地元の親友がもう何年も前から地道にライター業をしていたからです。それをみていて「あぁ、こういう仕事もあるんだな」「これ、自分にもできるかも」と、当時はほんの少し思っていました。

これはほんのわずか一例です。

もっともっと深く考えていけば、自分の活動はさまざまな人とのかかわりがあって初めて成立しているのだと思います。

「感謝の心を持ちましょう」「謙虚でありましょう」

当たり前すぎて「えっ?そんな心構えってふつうじゃない?」と思われるかもしれません。

でも、そんな当たり前のこと、基本中の基本を忘れてしまうことがあります。

「ありがとうございます」

自分一人で成し遂げたことなど何一つないことを心に留めていたいです。

シェアする

フォローする