八百屋感のあるコンビニ

こんにちは!嶋田コータロー(@SRokota)です。

最近とあるコンビニにちょくちょく行っています。

なぜかというと、お店の雰囲気というか居心地がいいから。

例えていうと八百屋感があるのです。

といってもムダに大声で接客しているわけでも、なにかを叩き売りしているわけでもありません。

ん~、なんだろうなぁ。一人の店員さんの接客が、ふつうとちょっと違うんですよ。(なにがふつうか知らないけど)

わたしのコンビニのイメージは、だまって買い物して、ピッピッピッと会計をすませる。店員さんのよく教育された「ありがとうございました~♪」を聞いて、ほんで出て行く。

コンビニの店員さんとレジで何かしら話すことはあっても、店内で盛り上がることない。そんなものでした。

それがですね、最近行ってるコンビニでは売り場で店員さんと盛り上がるんです。まぁ話すといっても商品のあれこれなんですけどね。さすがにそこは店員さんもわきまえていて、しょーもないことは話されません。

おすすめ商品や新作商品を積極的に紹介してくださるんですが、それが押し売り感がなくていいんですよ。

どのくらい美味しいのか、どうやって食べるといいのかなど詳しいのは当たり前といえばそうなんですけど、それをちゃんと説明できるしアピールできる。

こういうのいいなぁと思います。せっかくいい商品や売りたい商品を置いているわけですから、お店の公式SNS発信だけに頼らずに、現場でもどんどん紹介したらいいですね。

といっても、話しかけられるのが嫌な人もいるだろうし、黙って買い物したい人もいるだろうから、どのお店でもどの客にでもというわけにもいかないかぁ。

わたしが住んでいる田舎の地域であれば、お客さんと仲良くなる系の接客がいいとは思いますね。

その店員さんを見ていたら、わたしに限らずいろいろな年齢層の人と会話して、商品をアピールしてます。

で、すすめてもらった商品は大抵うまいんです(ホントに)。とくにアイス。

だから「またあそこに行こう~」ってなりますもん。

八百屋感にはそこまで触れた話になってない気がしますけど、そんなコンビニがあるというお話でした。

シェアする

フォローする