奈良ならではの大仏バーガーと大仏の髪のこと

こんにちは!嶋田コータロー(@SRokota)です。

4月19日の饅頭まつりに参加した日とその翌日に、近鉄奈良駅近くを散策しました。

毎年4月19日は饅頭まつりの日 in奈良県漢國神社
こんにちは! おみやげライター嶋田コータロー(@SRokota)です。 毎年4月19日が何の日かご存知でしょうか...

東向商店街にある、森のカフェひがしむきGardensで「大仏バーガー」なるものを発見しました。

ハンバーガーとしては高値の1,480円。一瞬、うっ・・・となりましたが、話のネタにしようという思いと、大仏感がどのくらいあるのか気になり食べることに。もしかしたら大仏の頭のくるりんとした髪毛が、チョコかなにかで作られてデコレーションされているかも、と淡い期待もしました。

大仏バーガーはつくるのに時間がかかるようで、待ち時間は約20分。その間は大仏バーガーを食べるイメージトレーニングをしながら待ちました。

▼待つこと20分、大仏バーガーがテーブルに!通常の約3倍の大きさだそうです

大仏バーガー

普段わたしはめったにハンバーガーを食べません。直近でいつマクドナルドに行ったのかを思い出せないぐらいです。ふつうのハンバーガーのサイズが思い出せないのです。そんなこともあり、大仏バーガーがすごく大きく感じましたね。

▼中身はトマト・ベーコン・チーズ・ハンバーグ・レタス、こんなところでしょうか。

たらこ唇で大きい口をもつわたしでも、ふつうにあーんするだけでは食べられない大きさです。

ナイフとフォークを使って食べるのもありですが、それだとハンバーガーを食べている実感がなくなるので、やはり豪快にいくのがよいでしょうね。バンズはパサパサしておらず、おいしくいただきました。

大仏感はそれほどありませんでしたが、ふつうにおいしいハンバーガーでしたよ(なにがふつうか知らないけど)

ご当地ハンバーガーを食べ歩いている人は一度行ってみてはいかがでしょうか~。

アクセス

近鉄奈良駅から歩いて約3分。東口改札を降りて2番出口から行くとわかりやすいです。

大仏豆知識

大仏バーガーのついでに大仏豆知識をば。

近鉄奈良駅で 「らほつ」と書かれたお土産を購入しました。

らほつとは何か知ってますか?

じつは、大仏の頭の丸くなっている髪を螺髪(らほつ)と呼ぶんですよ。わたしは初めて知りました。お土産を見かけなければ調べることもなかったでしょう。

ちなみに、東大寺・大仏のらほつの数は以下のとおりです。

現在も大仏さまの頭に付いているものが483個、落下するなどしてはずれてしまったと思われるものが9個あることもわかりました(東大寺公式サイトより引用)

あれだけ巨大な大仏の髪の毛を、一個一個数えるのは大変だったでしょうね。

また一つ、お土産を通してモノを知ることができました~。

シェアする

フォローする