満月堂を取材した記事が公開されました(神戸市淡河町)

こんにちは、嶋田コータローです。

5月に神戸市北区淡河町にある満月堂さんを取材しまして、無事記事がOMIYA!で公開されました。

淡河は400年城下町として栄えた場所、また江戸時代には宿場町として人々が行き交う町でした。

そんな淡河に豊助饅頭が誕生したのが明治15年(1882年)。

▼豊助饅頭の文字が目立つ看板塔

▼県道38号線を走っていますと大きな看板塔があらわれます

県道38号線から撮った満月堂

▼代表銘菓は130年続く豊助饅頭。やわらかいこしあんが絶品です!

豊助饅頭

▼いまのお店に移転してきたのは平成9年だそうです。「移転するときはイートインスペースを!」と思っておられたようです。

満月堂イートインスペース

満月堂といえば豊助饅頭のイメージが強いのですが、季節の和菓子や淡河産の果物・米を使ったお菓子もあるんです。

今回はそんな種々のお菓子のこと、豊助饅頭製造話をお聞きできましたよ!

ぜひ読んでみてくださいね!(撮影もしています)

神戸市淡河の地で豊助饅頭を作り続けて130年 満月堂の和菓子づくりへの思い

シェアする

フォローする