お住まいの地域のカラスはどちらの種類?

金沢城のハシボソガラス

金沢城周辺で撮影したカラスです。

愛鳥家でもカラスファンというわけでもありませんが、近寄っても動こうとしないカラスを見て、ふだんカラスをまじまじと見ることもないなぁと思い1枚撮らせてもらいました。

撮られているのがわかっているかのように、撮影後はサーッとどこかへ行ってしまいました。

当ブログのワンシーンコーナーに載せるにあたり、カラスについてちょっと調べてみましたら思わぬ発見をしましたのでそれも書き残しておきます。

日本に主にいるカラスは2種類で、渡り鳥を含めると全部で5種類なんだそうです。

よく見かけるカラスは「ハシボソガラス」と「ハシブトガラス」の2種類とのこと。ちゃんと名前があったのかぁ。名前だけを見ると、細いほう太いほうと覚えておいたらよさそうですが。

と、そう思ってましたらあながち間違いではありませんでした。ハシボソガラスは口ばしが細くて、ハシブトガラスは口ばしが太いのです。

▼ハシボソガラス(無料画像サイトより)

ハシボソガラス

▼ハシブトガラス(無料画像サイトより)

ハシブトガラス

口ばしに加えておでこ辺りにも特徴があります。ハシボソガラスは口ばしからおでこまでがすっとしているのに対して、ハシブトガラスはヘルメットみたいなおでこ?頭?です。写真をよく見比べると違うのがわかりますね。

家の近辺にいるカラスはどちらだろう?これまでカラスのことなどまったく気にしてませんでしたが、今後は見かけたら「どっちの種類だろう?」と気になりそうです。

金沢でカラスの写真を撮ってなかったら調べることもなかっただろうから、やはり気になるモノ・コトは撮っておくのがいいですね。

ところで、冒頭のカラスはハシボソガラスなのでしょうか、ハシブトガラスなのでしょうか。わたしはハシボソガラスだと思いますが、どうでしょう?

*カラスのことを調べていましたら、カラスに特化したブログを見つけましたよ!カラスのことを色々調べてあってすごい!

カラスブログ カラス愛好家のためのカラス情報サイト

シェアする

フォローする