写真を撮るときに手ぶれを防ぐ簡単な方法

Nikon-D7100

今日は写真撮影の勉強をしてきました。

2時間ほど座学でしたがあっという間に時間が過ぎ、大変勉強になりました。

以前から写真撮影は好きで、モンゴルにいたときもちょこちょこ撮っていました。

昨年、デジタル一眼レフカメラをいただいたのを機に、もっと写真撮影やってみたくなりました。

少し前から初心者の講座を受講しています。

自分の知らない世界は学びが多くて本当に楽しい一時になります。

写真を撮るときに手ぶれを防ぐコツ

わたしは手や指を使う、細かい慎重な作業が苦手です。針の穴に糸を通す・いい感じにワインを注ぐ・シールをいい感じに貼るなどは手がプルプル震えてしまいます。

写真を撮るときにも手プルプルはやってきます。家族や友人との集合写真、慎重になればなるほどプルプルが襲ってきます。

「プルプルのやつ来やがったな・・・、プ・・ル・・プ・・ル、だめだまた手ぶれや」となって、微妙に手ぶれした写真ができあがります。

と、そんなぼくにとって今日の講座は朗報でした!液晶画面を見て撮るときの手ぶれの簡単防止策です!三脚なくてもできます~

 

▼一般的にはこんな感じで構えますよね。

Nikon-D7100を持っている様子

 

▼それを、こんなふうに

Nikon-D7100で撮影している様子

ストラップを首からかけ、前にぴんと張った状態にする。この状態で液晶を見ながら撮影すると手ぶれ防止になるとのこと!

 

ん~、これでプルプルはなくなるのか?なくなるであろう!なくなるに違いない!なくならなければいやだ!プルプルはなくなる!これは信仰の問題だ!(何のこっちゃ?)

ストラップを有効活用して手ぶれ防止

ぴんと張った状態で撮影することがポイントです。

手ぶれ防止をネットでさがしていましたが、このストラップ首かけ法がのっていませんでした。探せばあるのかな?見つけた方おられましたら、お知らせいただければ嬉しいです。

ぜひお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました