「あ、これなら自分にもできそう」と思わせてくれる人

こんにちは!

おみやげライター嶋田コータロー(@SRokota)です。

 

タイトルにあるような人がすごい人なんだろうなと思います。

そのことに関連して、ふと20年ぐらい前のテレビ番組を思い出しました。

芸能界にいた島田紳助さんとダウンタウンさんが番組でトークしたことがあったんですね。

正確な言葉遣いまで覚えてませんけど、その中でこんなニュアンスのことを言っておられました。

「ピカソの絵を見て自分にも描けそうだと思う人がいる。同じようにおまえら(ダウンタウン)の漫才を見て、自分にもできそうだと思って気の抜けた漫才をする若手がふえた。漫才をだめにしたのはおまえらや~(ここは冗談で言ってたかな)」

わたしは全然違う角度から上の言葉を考えまして、

自分にも「できそう」プラス「やってみたい」と思わせることができるってすごいと思うんです。

一素人ながら勝手ながら、私は以下のように考えています。

これほどまでにお笑い芸人が世の中に浸透しているのも、ダウンタウンさんがきっかけだったといっても過言ではありません(もちろんその前にもお笑い芸人はたくさんいたけど)

皆がダウンタウンを目指していた時期があったと言っても、言いすぎじゃないです。

それぐらいお笑いを目指す人はダウンタウンに憧れていました。

なぜなら、「自分にもできそう」「こんなふうにやってみたい」とダウンタウンが思わせてくれたからだろうと思います。

お笑い芸人のなるという敷居を下げてくれたんじゃないでしょうか。

まあ、実際入るとハードルはかなり高そうですが・・・

いずれにしても、ダウンタウンさんがテレビに出てるのを見てると、つくづく「自分にもできそう!やってみたい!」と思わせることができる人ってすごいなあと感じます。

 

コメント