好きなことについて語ること

こんにちは!嶋田コータロー(@SRokota)です。

 

きょうTwitterにこんな投稿が流れてきました。

あ、そうやなと素直に思いました。

 

だれかが自分の好きなことについて一生懸命語るのを聞くのって、なんか嬉しくなりません?

 

わたしはなります。それが自分の趣味や好きなものと違っても。

 

自分の知らない世界がちょっとだけ見えたようになって嬉しいです。

 

わたしの友人で、長崎のある地域に詳しい人がいます。一緒にドライブに行って、彼がその場所について熱弁するのを聞くのが好きです。

 

そうやって聞いてると、自分もその場所に愛着がわくんですね。これ不思議。次もう一回行って見ようかなと思っちゃうんです。わたしの世界がちょっぴり豊かになった気がします。

 

好きなコト・モノについて語るのは、なにもネットの世界だけにかぎらなくていいと思います。

 

むしろ、リアルの身近な人にこそ、自分の好きなものについて話したい。家族、近所の人、職場の人、ふだん会う人たちとそんなことを語り合えば、ちょっぴりかもしれないけど、豊かになるのではないでしょうか。お金ではなく気持ちとかがね。

 

お互いに自分の好きなものについて話して、

 

「わはは」「えーっ、すごい!」「それおもしろいなぁ」という声を聞くのがわたしは好きですし、自分もそう反応したい。

 

不満とか批判とか、なんかわからん人生指南とか、自慢話とか、そういうのを聞くよりもずっと健全で心地よいと思います。

 

そうやって少しだけでも気持ちが豊かになって、平凡かもしれないけど、淡々と生きたら最高なんじゃないかなぁ。

 

だれにでもなんか一つは好きなことやいいなぁと思ってるコト・モノがあるはず。

 

それを身近な人にふつうに喋るだけでいいのだと思います。なにも特別なことをしなくてもいいのだと思います。

 

わたしもどんどん好きなことを発信していきますし、たくさんの「わたしの好きなこと」を聞きたいです。年齢に関係なくできる、生活をほんのちょっと豊かにする手段なのかもしれないなぁ。

コメント