8月の予定~夏休み~

きょうはホントにただの日記です。(いつもそんな感じだけど)

*教訓的なことは含まれてませんのでご注意を

 

8月は少し多めに休みを取ることにしました。ま、夏休みですな。

 

フリーランスライターとしてそんな余裕をかましていていいのかと自分で思うのですが、体力的・精神的になんかそうしたほうがいいような気がして。

 

ボーッとして本を読んで、かねてより行きたかった饅頭屋(まんじゅう)さんへ行って、新しいサイトづくりをして、妻の習い事のサポートをして……と、まぁ好きなことを多めにしようと思っています。

 

8月4日、5日には神戸にあるUCCコーヒーアカデミーでコーヒーを勉強してきます。コーヒーのことは全然詳しくないのですが、毎日数杯飲みますし、単純に知りたいというのがありまして。

 

夏休み初日は救急精神病棟(野村進 著)をひたすら読んで、図書館へ行き、晩は料理をつくっていました。

 

平日の図書館。連日の猛暑で涼みにきているのか、60代と思われる男性がえらい多かったです。館内をぶらぶらして本を見て回ると同時に人間も観察しまして、「みんな一体どんな本に興味があるんだろう」などど考えてあたりをきょろきょろ。

 

いすに座りうとうとしている人、文庫本を読む人、AERAを手にする人、何もしていない人などなどいろんな人がいますね。読書が好きという共通の思いがあるわけだけども、でもここにいる人たちはそれぞれ考え方も境遇も違うわけです。

 

図書館を舞台にした1話完結のドラマなんかつくったらおもしろいんじゃないかなぁ。主人公が図書館で1冊の本を手にするその背景と、それを読んで自分の生活に変化がつく様子を描くとか。ん~、盛り上がりのない、淡々としたドラマになりそうだな。

 

全10回でそれぞれの回の主人公は以下の人物。

  • 武田鉄矢
  • 豊川悦司
  • 吉田羊
  • 野村萬斎
  • 温水洋一
  • 中山美穂
  • 堤真一
  • 戸田恵子
  • 役所広司
  • 岡田准一

まぁ完全にただの空想ですな笑

 

と、そんなことを考えて夏休みの初日を図書館で過ごしておりました。

コメント