おみやげマイスター制度

こんにちは!

おみやげライター嶋田コータロー(@SRokota)です。

世の中には〇〇マイスターや〇〇アドバイザーなるものがあります。

コーヒーマイスター、ティーアドバイザー、収納アドバイザー。

そういうもののなかの一つとして、おみやげマイスターというのはどうでしょうか。

そこそこ大きなお土産売り場にいる「おみやげマイスター」。

その土地の銘菓・名菓、特産を知り尽くしていて、ふわっとアドバイスしてくれる人。

これがオススメです!というアドバイスではなくて、なんかそっとひと言くれる人です。

そういう人がいてもいいんじゃないかなと思うことがあります。

きょうとある場所のそこそこ大きいお土産コーナーで買い物をしました。

人もかなりいてみんなお土産をさがしています。

どんなお土産があるのかいろいろ見てましたら、隣にいた70代ぐらいの男性がぼそりと「どれを買ったらいいかわからん・・・」と口にしたのです。

こういう人ってけっこういると思います。

多すぎてよーわからん。どれも名物とかいてあって、実際なにが名物なのかわからん。

そう考えて、結局一番安いものや、一番売れてます、人気ナンバーワンと書かれたものを買っていくのでしょう。

これってお土産的にもったいない気がします。

ホントの名物、特産物、名菓が埋れてしまう気がするのです。

実際、さきほどの年配の男性が手にしていたのは、まさにいわゆる人気のあるお土産で、その手に持っているものより、あなたの目の前にあるものこそが名物なのですよ、という光景を目の当たりにしました。

規模の大きいお土産売り場は種類が多いです。おまけに人がお土産購入にかける時間はそれほど長くありません。

1時間もずっと売り場で物色する人なんていないでしょう。

限られた時間の中で何十種類のお土産のなかから1つ2つ選ばないといけない。

これはなかなか難しいです。

だからこそ、おみやげマイスターがいたらいいのではないかと思うのです。

「これがいいですよ!」というアドバイスではなくて、ゆる~いぼそりと放つひと言をかけるマイスター。

そうしたら、買い手の満足度も高くなるし、買い手の目利きもレベルアップすると思うのですが・・・。

シェアする

フォローする