お土産

お土産 お土産

2016年7月から、お土産サイトOMIYA!でライターをしています。それをきっかけに全国各地のお土産菓子を食べる機会が増え「お土産」という文化にも興味が出てきました。

このページでは、自分が実際に食べた全国各地のお土産、ご当地モノ、お土産にまつわることを紹介しています!600以上のお土産菓子を食べてみて、とくに下記のお土産がおすすめです。

お土産

【岐阜県】ようかんの中に栗きんとん!「くり壱」が優しい甘さで美味しい~。

岐阜県・恵那川上屋の羊羹「くり壱」を食べた感想を紹介しているブログです。くり壱は蒸し羊羹の中に栗きんとんが入った和菓子。羊羹を朴葉で包んであり、独特の香りがします。賞味期限は7日。値段は小サイズが990円、大サイズが1,760円です。
お土産

【岐阜県】恵那川上屋の栗きんとんを初めて食べた。栗の甘みがたまらない。

岐阜県・恵那川上屋の栗きんとんの販売時期・値段・日持ち・食べた感想を紹介しています。恵那川上屋の栗きんとんはとっても濃厚で栗の甘みをしっかり感じられて美味しかったです!6個入~50個入までと容量のバリエーションも豊富。食べられるのは秋冬のみ。
お土産

因島のはっさくゼリーは歯ごたえのある果肉入り!酸味があってさわやか!

広島県因島のご当地ゼリー「因島はっさくゼリー」を食べた感想を紹介しているブログです。因島産の八朔(はっさく)がたっぷり入ったゼリー。歯ごたえのあるはっさくの果肉がジューシで美味しいですよ。ゼリーとはっさくの相性もバッチリ。1個172円です。
お土産

【秋田県の和菓子】雲平を食べてみた。独特のもっちり感とゴマの風味

秋田県・杉山壽山堂の「雲平(うんぺい)」という和菓子を食べた感想を紹介しています。粉にしたもち米と黒ゴマを混ぜて練り固めたもので、独特のもっちりした食感が特徴的です。ゴマの風味が美味しいですよ。1個151円で賞味期限は10日です。
赤福餅

なんと赤福におはぎがあった!朔日餅(9月)は「萩の餅」

伊勢の老舗・赤福が毎月一日だけ販売している朔日餅。9月の朔日餅は「萩の餅」です。小豆を萩の花に見立ててつくられたおはぎです。ほんのりと塩気と粒あんが絶妙にマッチ、餅米も美味しいですよ。パッケージ・包装し・食べた感想を写真付で紹介しています。
お土産

パッションフルーツは酸味があって美味しい!味や食べ方をまとめました

パッションフルーツの味や食べ方を紹介しているブログです。三宅島のパッションフルーツをいただきました。酸っぱ甘くて美味しい~!食べ方は上下2つにカットして、果肉と種をスプーンですくって食べます。そのまま食べてもよしヨーグルトにいれてもよしです。
お土産

お土産を買い忘れたらどこで買う?お店をまとめてみました

旅行や出張から帰ってきて「お土産を買い忘れた!」とお困りでしょうか。このページではお土産を買い忘れたときの対処法、主にお土産を買えるお店を紹介しています。お土産を買えるのは百貨店・アンテナショップ、お土産屋や空港オンラインショップがありますよ。
桔梗信玄餅

桔梗信玄餅風おむれっと モチモチ生地とクリームでたっぷりのきな粉を味わえます。

ヤマザキパンと桔梗信玄餅のコラボ「桔梗信玄餅風おむれっと」が販売されました。1個198円。わたしはローソンで買いましたがセブンで買ったという人も。もちもちした生地とクリームにきな粉が使われていて、きな粉感は満点!きな粉クリームはかなり甘いです。
お土産

諸越(もろこし)という秋田のお菓子を食べてみた。小豆がふわっと香りとても上品。

秋田県のお菓子「諸越(もろこし)」を食べた感想を紹介しています。今回食べたのは杉山壽山堂が手がける「名物諸越」。小豆粉と砂糖を型に入れて固めた落雁の一種です。型に使われているのは「秋田なまはげ」と「竿燈(かんとう)」です。16個入り756円です。
お土産

【飛騨高山】旅がらすは自立するかっこいい最中(もなか)!

飛騨高山のお土産「飛騨街道 旅がらす」を撮って食べたので紹介します。旅がらすは最中(もなか)なんですが、なんと自立するんです!三度笠と合羽も装着していて、とてもユニークで愛嬌のある最中です。お腹の中に餡子が入っています。2個入り380円。
お土産

「阪急電車 京とれいん八ッ橋」がリアル!鉄道好きへのお土産にいかが?

「阪急電車 京とれいん八ッ橋」を紹介しています。観光列車「京とれいん」の形をしたパッケージがとってもユニークなお土産。箱には京扇や京町屋をイメージした座席が描かれています。聖護院八ッ橋とのコラボなので八ッ橋の味も確かで美味しいですよ。
赤福餅

朔日餅(8月)は「八朔粟餅」。黒糖餡と粟のつぶつぶが美味しいよ

赤福の朔日餅(8月)は八朔粟餅(はっさく あわもち)です。餡には黒糖を、餅には餅米ともち粟が使用されていますよ。黒糖のコクのある甘みと粟のつぶつぶ感が美味しかったです!専用のヘラが付いています。8個入りで720円。購入先はそごう神戸です。
お土産

【季節限定】叶匠壽庵の水羊羹が見た目も味も涼しげで美味しい~

叶匠壽庵(かのうしょうじゅあん)の水羊羹を食べたので紹介しています。叶匠壽庵の水羊羹が食べられるのは4月中旬から9月上旬まで。季節限定なのできをつけてくださいね。1個324円。このページで紹介しているのは3個入り(1,058円)です。
お土産

くすむら「豆腐屋さんの水ようかん」。ぷるぷるつるつるで美味しい!

名古屋の豆腐処くすむらの「豆腐屋さんの水ようかん」を食べた感想を写真と動画付きでしょうかいしています。豆乳入りの珍しい水ようかん。棹物タイプで1本700円(税抜き)。ぷるぷる、つるつる、もちもちの食感でとてもさわやかになります。
赤福餅

朔日餅(7月)は「竹流し」。赤福の餡を水ようかんで食べられるなんて!

赤福が手がける朔日餅。7月の朔日餅は「竹流し」です。竹の中に水ようかんが流し込まれていてとても涼しげで夏を感じる一品。赤福の餡を水ようかんで楽しめます。約12センチの水ようかんが竹のふちギリギリまで流し込まれていますよ。5個入り780円でした。
お土産

観光特産士の検定を受検。名産・特産について知ったので旅が楽しくなりそう!

一般社団法人日本観光文化協会が認定する「観光特産士」の検定を受けたので感想を紹介しています。観光特産士の試験は年2回行われています。わたしは2019年6月に行われた3級を受験しました。受験料は5400円。選択式問題が70問出題されました。
お土産

【松江の和菓子】福田屋の出雲を食べてみた。シャリッとした寒天とホクホクの小豆

島根県松江市にある福田屋がつくる「出雲」を食べた感想を紹介しています。出雲は小豆を寒天で固めた、お茶請けにぴったりな和菓子。シャリシャリした寒天とホクホクの小豆が美味しかったです。甘さがそれほど強くないとても上品な和菓子という印象を受けました。
お土産

【ピーナッツ菓子】打保屋の豆板と黒糖豆板。糖蜜を絡めたピーナッツが美味しい~!

岐阜県の駄菓子の老舗・打保屋の豆板と黒糖豆板を食べた感想を写真付で紹介しています。豆板の詰合せ6枚入り(378円)を買いました。豆板プレーン3枚、黒糖豆板3枚が入っていました。糖蜜と絡めたピーナッツが美味しくてボリボリと何個でも食べられそう!
お土産

本家文旦堂のかるかんを食べてみた。山芋の風味は控えめ、しっとり感が強い

鹿児島県の本家文旦堂(ほんけ ぼんたんどう)のかるかんを食べた感想を写真付で紹介しています。6個入り540円をコープで購入。主に山芋と米粉でつくるかるかん。文旦堂のかるかんは山芋の風味は控えめで、しっとり感が強かったですよ。
お土産

七條甘春堂の抹茶餅。菓子名どおりに抹茶の味わいが深いお餅

京都の和菓子屋・京菓匠 七條甘春堂の「抹茶餅」を食べた感想を紹介しています。抹茶とうぐいす粉の香りがとてもよく、やわらかいお餅で美味しかったです。抹茶好きにはぜひ一度食べてもらいたいです。12個入り810円で購入。日持ちは7日。
タイトルとURLをコピーしました