【岐阜県】ようかんの中に栗きんとん!「くり壱」が優しい甘さで美味しい~。

恵那川上屋の羊羹「くり壱」

栗きんとんをたっぷり使った羊羹を見つけたので紹介します。岐阜県・恵那川上屋の「くり壱」です。

 

恵那川上屋の栗きんとんと一緒に買いました。羊羹と栗きんとんの組み合わせ。栗好き+羊羹好きの人はきっとはまるだろうなぁ。とても上品で美味しかったです!

 

いや~、まだまだ知らない素敵な和菓子がありますね。

恵那川上屋の「くり壱」ってどんなお菓子?

恵那川上屋の羊羹「くり壱」の外箱

栗を使った和洋菓子をつくっている恵那川上屋。秋冬限定の栗きんとんが有名なお店ですね。

 

くり壱の中身ですが、蒸し羊羹の中に「栗きんとん」が入っています。(煉り羊羹じゃなくて蒸し羊羹なのも、わたしとしてはいいなぁと思います)

 

とても珍しい、ほかの地域では見ない羊羹ですよね。

朴葉に包まれたくり壱を手に持っている様子

おかし自体も珍しいのですが、さらに包装も特徴的。くり壱の包装は、なんと葉っぱ!朴葉(ほおば)で包んであるんです。

 

くり壱の朴葉を剥がした様子

朴葉をはがすと蒸し羊羹がど~んと姿をあらわします。

 

朴葉はモクレン科の植物で朴の木の葉っぱです。ん~、どう表現したらいいんでしょう。独特の香りがしますね。下の写真が朴の木。

朴の木

くり壱の原材料、値段、日持ち

「くり壱」の箱を手に持っている様子

【値段】

  • 小:990円
  • 大:1,760円

*上写真は小サイズのくり壱です。

【日持ち】

  • 7日

【原材料】

  • 砂糖(国内製造)、栗(国産)、小豆、大手亡豆、小麦粉、米粉、もち粉(国産)、食塩/トレハロース、(一部に小麦を含む)

【食べた感想】くり壱のなかにはたっぷりの栗きんとん!

恵那川上屋くり壱

蒸し羊羹の中にはたっぷりの栗きんとん。羊羹の味よりも栗きんとんのほうが前面に出ています!

 

うわ~、なんだろうなこれ。朴葉の香りも混ざって独特の味わい。栗と小豆のコラボですごく優しい甘さに仕上がっています!

 

蒸し羊羹と栗きんとんなので、食感はしっとり×しっとり。わたしの味覚では、もう少し小豆の風味も感じられるとより美味しくなるかな。

 

とはいえ、十分美味しくてクオリティが高いと思います。誰かに「なんか珍しい和菓子を知らない?」と聞かれたときに教えたくなる羊羹です!

くり壱を食べた人の口コミ

くり壱をほかに食べた人いるかなと思いTwitterで探してみました。

たしかに、栗を楽しみたいのであれば栗きんとんのほうがいいと思います。

 

そう!朴葉との相性がいいんです。葉っぱの香りだけ浮いていないというか、なんというか。

 

朴葉、蒸し羊羹、栗きんとんが三位一体になっている「くり壱」。栗好き・羊羹好きな人にはぜひ一度試してもらいたいなぁ。

恵那川上屋公式サイトで「くり壱」を見る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました