赤福餅

赤福餅

赤福の朔日餅をほぼ全部食べた感想とおすすめの3品

伊勢の赤福が販売する朔日餅をほぼ全部食べたので、感想・おすすめ3品・買い方を紹介しています。赤福の朔日餅は1月を除く、毎月一日に販売されています。通販はなく、買えるのは東海・関西圏の一部のエリアです。わたしのおすすめは8月10月11月です。
赤福餅

赤福には栗を使ったお餅があるよ。朔日餅(10月)は「栗餅」。

伊勢の老舗・赤福が毎月一日だけ販売している朔日餅。10月の朔日餅は「栗餅」です。重陽の節句にちなんだ餅菓子で、栗餡を包んだもち米の上に栗がのっていますよ。栗の風味が豊かで味わい深いです。パッケージ・包装紙・食べた感想を写真付で紹介しています。
赤福餅

なんと赤福におはぎがあった!朔日餅(9月)は「萩の餅」

毎月一日だけ販売される朔日餅。9月の朔日餅は「萩の餅」です。小豆を萩の花に見立ててつくられたおはぎです。ほんのりと塩気と粒あんが絶妙にマッチ、餅米も美味しいですよ。パッケージ・包装し・食べた感想を写真付で紹介しています。
赤福餅

朔日餅(8月)は「八朔粟餅」。黒糖餡と粟のつぶつぶが美味しいよ

赤福の朔日餅(8月)は八朔粟餅(はっさく あわもち)です。餡には黒糖を、餅には餅米ともち粟が使用されていますよ。黒糖のコクのある甘みと粟のつぶつぶ感が美味しかったです!専用のヘラが付いています。8個入りで720円。購入先はそごう神戸です。
赤福餅

朔日餅(7月)は「竹流し」。赤福の餡を水ようかんで食べられるなんて!

赤福が手がける朔日餅。7月の朔日餅は「竹流し」です。竹の中に水ようかんが流し込まれていてとても涼しげで夏を感じる一品。赤福の餡を水ようかんで楽しめます。約12センチの水ようかんが竹のふちギリギリまで流し込まれていますよ。5個入り780円でした。
赤福餅

朔日餅(5月)は「かしわ餅」。柏葉の香りとやわらかいお餅がたまりません。

赤福が月の一日に販売する「朔日餅」。5月の朔日餅は「かしわ餅」です。柏の葉に包まれていて、お餅自体の香りもとてもいい!やわらかいお餅とこしあんが美味しかったです。包装紙に描かれているのは菖蒲。6個入り620円、賞味期限は当日中です。
赤福餅

赤福の朔日餅(4月)は「さくら餅」。桜を描いた包装紙も素敵!

伊勢の老舗・赤福が毎月一日だけ販売している朔日餅。4月の朔日餅は「さくら餅」です。塩漬けした桜葉で餅を包んださくら餅です。塩気と赤福こしあんが絶妙にマッチしていて美味しいですよ。パッケージ・包装し・食べた感想を写真付で紹介しています。
赤福餅

赤福の朔日餅(3月)は「よもぎ餅」。ひな祭りにちなんだ餅菓子。

赤福餅が有名な赤福が毎月手がける「朔日餅(ついたちもち)」3月の朔日餅は「よもぎ餅」。私はそごう神戸で6個入り(620円)を購入しました。もち生地に練りこまれたよもぎと粒あんの組み合わせが絶品!よもぎ餅を食べた感想を写真つきで紹介しています。
赤福餅

赤福の朔日餅(2月)は立春大吉餅 黒豆と大豆が入った大福

赤福餅で有名な赤福が毎月一日に販売する「朔日餅(ついたちもち)」。2月の朔日餅「立春大吉餅」のパッケージや包装紙、食べた感想を写真付きで紹介しています。2月の朔日餅は、節分や立春にちなんだ「立春大吉餅」です。黒大豆と大豆入りの大福で美味しい!
赤福餅

朔日餅(12月)は雪餅 大地に降る雪景色を表現した餅

赤福餅で有名な赤福が毎月一日に販売する「朔日餅(ついたちもち)」。12月の朔日餅「雪餅」のパッケージや包装紙、食べた感想を写真付きで紹介しています。12月の朔日餅は、大地に降る雪景色を表現した「雪餅」です。もろこし粉入りの香ばしい餅が特徴です。
赤福餅

朔日餅(11月)は「ゑびす餅」 黒糖味と柚子の香りが美味しいよ

毎月一日に販売される赤福の「朔日餅(ついたちもち)」。11月の朔日餅は、商いの神・えびす様にちなんだ「ゑびす餅」です。黒糖と柚子の2種類。モチモチしたお餅とこしあんがとっても美味しいですよ!ゑびす餅を食べた感想や販売店・予約について書いています。
赤福餅

兵庫県・三木サービスエリア(SA)で赤福餅を買いやすい時間帯は?売り切れる前に買いましょう

兵庫県の三木サービスエリア(SA)のお土産コーナーには、上り下りともに赤福の赤福餅が販売されていますよ。三木SAで赤福餅を買うなら午前中に行くのがよいと思います。売り切れる前に行きましょう!
赤福餅

赤福餅を愛する人たちの口コミ

昨日に続き、またまた赤福餅のことです。一昨日から赤福餅熱がさめなくて。 わたしが赤福餅新商品のニュースをシェアしたのはTwitter。Twitterには、他人の投稿にコメントをつけて返す機能があります。赤福ニュースにも...
赤福餅

やっぱり赤福餅は人気あるなぁ。なぜこんなに愛されるのだろうか

伊勢名物「赤福餅」は、なぜいまも変わらず人気があるのでしょうか。 昨日、こんなニュースをTwitterでシェアしました。赤福餅が新商品(?)として4種類の餅を販売するというもの。 【赤福餅好きの人に朗報】 7月...
赤福餅

赤福餅・二個入りの銘々箱(めいめいばこ)は小さいサイズで重宝するなあ

伊勢の名物を赤福餅には「銘々箱」という2個入りが存在します。銘々箱という名前ですが、通常の赤福餅と同じですよ。自分用のおやつや独り暮らしの友人への手土産にぴったり。このページでは食べた感想、賞味期限、値段について紹介しています。
赤福餅

赤福本店の営業時間はなんと早朝5時!!

こんにちは! おみやげライター嶋田コータロー(@SRokota)です。 前回の伊勢の菓子大博覧会で全国のお土産を見て白あん赤福餅を食べてきました!の続き。 菓子博に参加した翌日、赤福餅で有名な赤福本店へ行ってきまし...
赤福餅

白あんの赤福餅を伊勢の菓子大博覧会で食べてきました!全国のお土産も見たよ

こんにちは! おみやげライター嶋田コータロー(@SRokota)です。 4月27日(木)に三重県伊勢市で開催されている「菓子大博覧会」へ行ってきたので紹介します~。 菓子博って何? 菓子博はお菓子の博覧会なんですよ。...
タイトルとURLをコピーしました