プロフィール

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

嶋田コータローと申します。

Twitter:https://twitter.com/SRokota

兵庫県在住の40歳(1978年生まれ)、妻と二人で気楽に暮らしています。

なかなか特殊な家庭環境で育ちまして、実は物心ついたときから宗教家庭の子供として成長しました。約30数年間で様々な経験をしました。一昨年にその場を退き自由な立場を得ました。

 

現在は、フリーのおみやげライターとして日本全国のお土産データベースOMIYA!で活動中。

また、和菓子が好きな甘党ということもあり、各地のまんじゅうを食べ歩くブログ・諸国饅頭記を運営しています。

このブログで主に書いていること

  • 実際に食べた全国のお土産菓子の紹介
  • 兵庫県のグルメ・観光情報
  • 自分が困ったことで解決した方法

 

現在の仕事や仕事としてできることについては、こちらをどうぞ。

仕事や自分の気質のこと
このページでは主に現在の仕事のことや自分の気質について書いています。住まい・年齢兵庫県在住(長崎県出身)、39歳、妻一人で子供はいません。仕事2016年11月よりフリーライターとして活動しています。おみやげライター現在は、主に日本全国のおみ

 

わたしのこれまでの歩み

0~5歳

  • 長崎ののどかな場所で生まれ、砂場遊びにはまる
  • 兄の真似をするのが大好きで、このころ人を真似ることを習得(ホントか??)
  • この頃からすでに宗教活動に参加しており、週3日宗教の集まりに出席

6~12歳

  • 父親の仕事柄、引っ越し族として県内を転々
  • スポーツ万能な少年として(自称)、卓球・ソフトボール・駆けっこに熱中
  • ソフトボールでは5年生時ライト、6年生時ピッチャーとして大活躍
  • 転校が多かったので、誰とでもすぐに仲良くなる術を習得
  • ミニ四駆にはまり、ダッシュ四駆郎を真似してバットでミニ四駆を先導するが、当然失敗に終わりミニ四駆壊滅。現実では漫画の世界のようにはいかないことを学ぶ

13~18歳

  • 中学生時は帰宅部にはまる
  • 中1終わりごろ2ヶ月ほどいじめに遭い、一時期人間不信に陥る。この頃はいつも食べていたクリームパンに美味しさを感じられなかった
  • 第一志望の公立高校の受験に失敗、なんとか二次試験で私立校に合格するも、何の喜びも感じない日々を過ごす
  • 友人の影響により、リーゼントヘアーにする。なかなか似合っていて、これを機に次第にチョイワル素行が目立つようになり、カツアゲして1週間の謹慎刑を受ける
  • 高2時の学年実力テストの成績で、224人中218位という快挙を達成する
  • 辰吉丈一郎選手に憧れ、ボクシングジムに通う。アッパーカットの破壊力を実感する

19~25歳

  • 午前中だけアルバイトをして、午後は宗教活動という生活
  • 飛び込み訪問にて、宗教文書を配布して関心ある人を見つける活動にひたすら没頭
  • 宗教活動に充実感を見いだし、「あぁ、神の喜ばれることをしてるんだな」と感慨にふける

26~35歳

  • 宗教活動のため関東へ旅立つ
  • モンゴル語の習得に着手
  • 宗教活動のためモンゴルへと旅立つ
  • モンゴル人直伝、本物のノマド生活(遊牧民)とは何かを学ぶ
  • 通算11人とのハウスシェアにより、共同生活の極意を習得
  • 宗教組織内にて管理職立場になり、組織内部の実態を知り始める
  • 所属宗教のおかしさについて真剣に考え始める

36~37歳

  • めでたく組織宗教脱出に成功
  • 最愛の妻と結婚、いや逆、結婚して最愛の妻だと確信
  • 超極激辛パワハラ上司からくる心労により退職
  • 生い立ちゆえ(宗教の)に、働くこと・教育をうけることにたいする意欲が著しく欠落していることに気づく。「俺は何かの障害を抱えているのか?」と本気で悩む
  • 自分の好きなことをして生計を立てていくことを決意。

38~現在

  • ブログを初める(2016.2)
  • 吉見夏実さんのWebライター養成塾に入会、ライター業に関心をもち始める
  • ライター養成塾を通してノマド的節約術を運営している松本博樹さんから、日本全国のおみやげデータベースOMIYA!で執筆する仕事をいただけることに
  • おみやげを食べ・撮り・書くことがめちゃくちゃ楽しいと感じる
  • だれも名乗っていないので、とりあえず「おみやげライター」の肩書きをもつことに
  • ブログ内で各地のお土産紹介に力を入れる(いまここ)

お土産や観光の体験談を紹介していきます

こうやって自分を振り返るといろいろ出てきますね。今となっては全てが資産です。

このブログを通して、少しでも自分の体験記が読んでくださる人のお役に立てば嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします!