赤福の朔日餅(2月)は立春大吉餅 黒豆と大豆が入った大福

朔日餅(2月)立春大吉餅の外装

伊勢の老舗・赤福が販売している「朔日餅(ついたちもち)」。1月を除く、月の最初の日つまり一日にだけ買えるお餅です。

 

2018年11月から「朔日餅全種類コンプリート計画」を実行していまして、今回は2月の立春大吉餅を紹介します!

 

2種類の大福で、なかには赤福おなじみの餡子(あんこ)と黒大豆・大豆が入っていますよ!

2月の朔日餅「立春大吉餅」とは?

立春大吉餅の栞

2月の立春大吉餅は、立春にちなんだ餅です。2月3日が節分、2月4日が立春ということで、それに合わせた内容となっています。大福の中には、豆が入っていますよ。

 

2月の朔日餅について、菓子の栞に以下のように書かれていました。

二月三日の節分は”二十四節気の大晦日”(翌、立春が元旦)。豆をまいて一年の邪鬼をはらい、新しい年を健康にすごせるよう祈りました。豆まきにちなみ、今月は黒大豆と大豆の二種類の豆大福をご用意しました。(同封の栞より)

 

春の訪れを感じる包装紙

朔日餅(2月)立春大吉餅の包装紙 立春大吉餅の包装紙に描かれている鶯や梅

2月の朔日餅の包装紙はパッと明るい気分にならせてくれます。2月はまだまだ寒い日が続きますが、暦の上では春。

 

この包装紙を見ていると、ポカポカと温かい気分になってきます。ウグイス、梅、つくしなどが描かれていて、春にぴったりや~。

立春大吉餅の箱の中身は?

立春大吉餅の開封写真

立春大吉餅を開封すると、その月ごとの栞と黒文字が入っています。

 

過去に2回朔日餅を食べていますが、毎回箱を開けるときはワクワクしますね。「なんか付録入っていないかな~」と期待してしまうんです。

 

立春大吉餅(6個入り)

6個入り(620円)を買いました。種類は小箱6個入り・大箱10個入り・化粧箱9個入りがあります。

 

立春大吉餅のアップ写真

シンプルな2種類の豆大福。きなこが程よくまぶされていてそそりますね。アップ写真だと大きさが分かりにくいですが、手のひらに乗るサイズで大きすぎず小さすぎずといったところ。

【食べた感想】立春大吉餅の中には黒大豆と大豆が!

立春大吉餅

純白の大福のほうはすべすべした手触り。餅をムニュッとほお張ると、なかには赤福おなじみのあんこが入っていますよ。

 

思わずニンマリしてしまうほどやわらか~い餅がなんともいえません。きなこがまぶされた大福も、白大福と同じようにあんこ入りです。

 

餅ときなこってなんでこんなに合うんだろう~。あんこ入りでも全然くどくなくて美味しい!

 

立春大吉餅の中身

とってもやわらかい大福なので、うまくカットできるか不安でしたが、けっこうきれいな断面にできました。

 

それぞれの餅に豆が入っているのがわかります?白大福には黒大豆。きなこ大福には大豆が入っているんです。豆だけかじってみると甘かったので、もしかしたら蜜漬けされた豆なのかなと思いました。

 

わりと大粒の豆が入っているものの、あんこのほうが味が強くて、豆の味は感じにくいです。(味覚は人それぞれだから、んなことはないという人もいるかもだけど) なので、もう2,3粒豆が入っていてもいいかも。ま、それだとコスト高になるでしょうけどね。

 

2月の朔日餅「立春大吉餅」、春の訪れを感じさせてくれる美味しい豆大福でした~。

 

朔日餅(2月) 立春大吉餅の原材料・カロリー・賞味期限

【カロリー】

  • 立春大吉餅(大豆):1個あたり139kcal
  • 立春大吉餅(黒豆):1個あたり138kcal

 

【賞味期限】

  • 当日中

そのほかの朔日餅

以下は、11月と12月の朔日餅を食べたときのブログです。

朔日餅(11月)は「ゑびす餅」 黒糖味と柚子の香りが美味しいよ

朔日餅(11月)は「ゑびす餅」 黒糖味と柚子の香りが美味しいよ
毎月一日に販売される赤福の「朔日餅(ついたちもち)」。11月の朔日餅は、商いの神・えびす様にちなんだ「ゑびす餅」です。黒糖と柚子の2種類。モチモチしたお餅とこしあんがとっても美味しいですよ!ゑびす餅を食べた感想や販売店・予約について書いています。

 

朔日餅(12月)は雪餅 大地に降る雪景色を表現した餅

朔日餅(12月)は雪餅 大地に降る雪景色を表現した餅
赤福餅で有名な赤福が毎月一日に販売する「朔日餅(ついたちもち)」。12月の朔日餅「雪餅」のパッケージや包装紙、食べた感想を写真付きで紹介しています。12月の朔日餅は、大地に降る雪景色を表現した「雪餅」です。もろこし粉入りの香ばしい餅が特徴です。

コメント