朔日餅(5月)は「かしわ餅」。柏葉の香りとやわらかいお餅がたまりません。

朔日餅(5月)かしわ餅の外箱

5月の赤福・朔日餅を食べましたので写真とともに紹介していきます。5月は「かしわ餅」。

 

端午の節句(こどもの日)で食べられる定番の和菓子ですね。関東は柏餅、関西(とくに京都)は粽(ちまき)を食べると聞きますが、いまはどうなんでしょうか。

 

年中、お店で柏餅を見かけるので、だんだん行事菓子というイメージがなくなってきてるのかな、なんて思います。

 

と、それはさておき、朔日餅の紹介をば。5月の朔日餅も安定の美味しさでした!

 

5月の朔日餅「かしわ餅」とは?

朔日餅(5月)かしわ餅の栞

さきにもかきましたが、5月の朔日餅は「かしわ餅」です。柏餅は各地でつくられているので、知らない人は少ないんじゃないかと思いますね。

 

柏の葉は子孫繁栄の象徴ともいわれ、縁起を担いで端午の節句で食べられるようなったんだとか。 (柏の木は新しい芽が出るまで古い葉が落ちないという理由) 柏の葉の独特な香りが特徴的ですよね。

 

菓子の栞には、かしわ餅について以下のように書かれています。

柏は新葉が育つまで親葉は枯れません。それにあやかって、こどもの成長と子々孫々の繁栄を祈ってきたのが、このお餅。包む手さばきも、神前のかしわ手ににています。(同封の栞より引用)

 

菖蒲(しょうぶ)が描かれたさわやかな包装紙

朔日餅(5月)かしわ餅の包装紙 朔日餅(5月)かしわ餅の包装紙に描かれている菖蒲の花

包装紙に描かれている花は菖蒲です。若葉の季節にぴったりな包装紙ですね。菖蒲は、赤福がある三重県の県花とのこと。

かしわ餅の箱の中身は?

同封されているのは、菓子の栞と黒文字です。これ以外の付録はありませんでした。(付録をちょっと期待してしまう・・・)

 

朔日餅(5月)かしわ餅の開封写真

ふわっと柏の葉の香りが漂い、食欲をそそる~。6個入りのほかに、大箱10個入りと化粧箱9個入りがあります。

【食べた感想】柏葉の香りに包まれたやわらかいお餅

朔日餅(5月)かしわ餅

赤福特製・こしあん入りのお餅を柏の葉で包んであります。柏の葉で包んだ姿は一般的なかしわ餅と同じですが、餅のサイズがスーパーなんかで売られているものより小ぶりだと思います。

 

ふと思ったんですが、柏の葉をつけたまま食べる人っているんでしょうか?さくら餅みたいな感覚で。(どーでもいい疑問)

 

朔日餅(5月)かしわ餅の柏の葉を剥がした様子

柏の葉に包まれることで、お餅にもよい香りが移ってます。これこそが柏餅の特徴ですよね~。やわらかくほどよい弾力がある赤福の「かしわ餅」。

 

ひと口で一気に食べたくなるけど、ゆっくりモチッモチッと噛みしめながら味わいました。つくりたてはやっぱり美味しいなぁ。

 

朔日餅(5月)かしわ餅の餡子

中身も激写しました。赤福餅で使われているあんこと若干違うに感じましたが、どうなんだろう。さらりとしたなめらかなこしあんで美味しかったです!

 

朔日餅(5月)かしわ餅のカロリー・賞味期限・値段

【カロリー】

  • 1個当たり:126kcal

 

【賞味期限】

  • 当日中

 

【値段】

  • 6個入り:620円

コメント