赤福には栗を使ったお餅があるよ。朔日餅(10月)は「栗餅」。

朔日餅(10月)栗餅の外箱

赤福餅をつくる赤福に、栗を使った餅菓子があるのを知っていますか?その名は「栗餅」。

 

赤福が手がける朔日餅の一種で、10月1日にだけ販売されるんです。栗を堪能できる餅菓子になっていますよ。ということで、栗餅を紹介していきます~。

10月の朔日餅「栗餅」とは?

朔日餅(9月)萩の餅の栞

10月の「栗餅」は、重陽の節句(ちょうようのせっく)にちなんだ一品です。栗餡を包んだもち米の上に甘露煮の栗がのっていて、なんとも贅沢な一品ですね。栗をおもう存分楽しめる餅菓子になっていますよ。

 

菓子の栞には、栗餅について以下のように書かれています。

旧暦の九月九日(いまの十月)は、五節句の中で最も重要な重陽の節句。菊酒や栗飯を用意し不老長寿を祈る風習でした (同封の栞より引用)

 

重陽の節句って何?という人は、以下のページを読んでみてください。

重陽の節句とは?

一面に栗が描かれた包装紙が素敵

10月の包装紙は一面に栗が描かれています。温かみのある包装紙で、見ていて和みますね^^

 

朔日餅(10月)栗餅の包装紙に描かれた栗

いっぱい栗が描かれているのを見て、思わず脳内で「栗栗栗栗栗栗・・・」とつぶやいてしまいました。

「栗餅」箱の中身は?

朔日餅(10月)栗餅の開封写真

付属品は菓子の栞と黒文字。栗が描かれた黒文字の袋も特別感がありますね。赤福餅ファンとしては、捨てずにコレクションしたくなります。

 

朔日餅(10月)栗餅(6個入り)

購入したのは6個入り。写真の小箱(6個入り)のほかに、大箱(10個入り、1,550円)・化粧箱(9個入り、1,800円)がありますよ。

【食べた感想】栗の風味豊かな餅!

朔日餅(10月)栗餅

わたしよりも前に食べた妻の「わ~♪これは来年も買いたい!」という、美味しい悲鳴が聞こえてきました。

 

栗好きにはたまらないようですね。あっという間に2個を食べきってしまわれました。(なぜか敬語) わたしも続けとばかりに、モギュッとひと口。

 

朔日餅(10月)栗餅の栗

もち米と栗が口のなかで一体となり、なんともいえない幸せな気分を味あわせてくれます。

 

栗の甘露煮と栗餡が使われているものの、甘ったるいというかんじはまったくないですね。餅のもっちり+栗のほっくりで、とても味わい深い餅菓子ですね。

 

小粒の栗の半分サイズぐらいかな。甘露煮のキラリと光る部分がそそりますよね。栗好きのリピーターが多い朔日餅だろうなぁ。

 

ペロッと食べられる栗餅、10月の朔日餅も大満足でした\^o^/

朔日餅(10月)のカロリー・賞味期限・値段

【カロリー】

  • 1個当たり:112kcal

【賞味期限】

  • 当日中

【値段】

  • 6個入り:930円(税込み)

コメント

タイトルとURLをコピーしました