【神戸市】道の駅淡河の情報と見つけたお土産「神戸ぷるっこ」

神戸市北区淡河町にある「道の駅 淡河(おうご)」へ行ってきたので紹介します。

 

2019年8月3日にリニューアルオープン。「道の駅巡りが好き!」「ドライブやツーリングのときは道の駅に立ち寄る!」という人は、一度行ってみてはいかがでしょうか。

 

9月の祝日に行ったので、混雑していて外観写真を1枚しか撮れなかった・・・ ということで、行った方のツイートを拝借しました。

*上ではリニューアル完了となっていますが、駐車場の整備工事などは続いていて、2019年12月に完了するとのことです。

「道の駅 淡河(おうご)」の場所・営業時間・駐車場情報

神戸市北区淡河町は人口約3,200人の町です。道の駅の周辺は、のどかな田園風景が広がっています。

アクセスは以下のとおり。(車で)

  • 神戸の中心部から約30分
  • 加古川市内から約50分
  • 姫路市内から50分~1時間
  • 大阪市内から約1時間

道の駅 淡河の施設情報

  • 場所:神戸市北区淡河町淡河字弘法垣643-1
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 休み:直売所→12月31日~1月5日、レストラン→毎週水曜日、12月31日~1月5日
  • 施設にあるもの:直売所、そば屋、駐車場、トイレ

道の駅淡河の駐車場

  • 駐車可能台数:25台

駐車場で車中泊できるの?

神戸市公式サイトによると、道の駅 淡河の駐車場は24時間利用可能となっています。車中泊に関する情報は載っていませんでした。

 

気になる人は道の駅 淡河に連絡するのをおすすめします。

  • 電話 078-959-1665

ガソリンスタンドがあるよ

同敷地内(?)にJAのガソリンスタンドがありますよ。

直売所・そば屋があるよ

道の駅 淡河にあるレストランの看板メニューは「そば」。十割手打ちそばで本格的。リニューアル前に一度食べたことがありますが、わりと美味しかったのを覚えています。

 

カレーがあるのは知らなかった・・・

 

道の駅淡河で販売されている蛇豆(じゃとう)

上写真は直売所で見つけた、ナゾの野菜「蛇豆(じゃとう)」。一体どうやってたべるんでしょうか。

 

お土産にするなら地元の野菜ですかね。直売所には地元で採れたニンニク、カボチャ、タマネギなどなど、色々な野菜がありましたよ。野菜コーナーのほかにチーズ、お酒、お米も売っていました。

 

直売コーナーは、買わなくてもぶら~と見るだけでも楽しいですね。祝日だったので賑わっていました。

道の駅 淡河で買ったお土産「神戸ぷるっこ」

ぷるっこ(ようかん風、コーヒーゼリ風、わらびもち風)の外装

ぷるっこ(ようかん風)の袋を手に持っている様子

淡河産のものをお土産に買おうと思って色々探してみました。

 

(野菜以外で) 手ごろな値段で買える「神戸ぷるっこ」を発見。淡河町でこんにゃく製造をしている「大矢商店」のお菓子です。1個120円でした。

 

「ようかん風、コーヒーゼリー風、わらびもち風」となっていて、全部「〇〇風」です笑

 

ぷるっこ(ようかん風)の中身を手に持っている様子

ぷるっこ(ようかん風)

どういうお菓子って説明したらいいんだろう。イメージとしては、こんにゃくゼリーが一番近いかなぁ。

 

メイン原材料に「こんにゃく芋の粉」が使われていますから。ぷるんっとして、ふつうに美味しかったですよ。(なにがふつうか知らないけど)

 

ただ、素材に淡河産のものを使っているわけでもなさそうでした。せっかくなら、淡河産のイチゴを使ったこんにゃくゼリーにして「淡河ぷるっこ」にしてはどうでしょうか(余計なお世話)

近くにある和菓子屋さんの饅頭がおすすめ

満月堂 外観

豊助饅頭

道の駅 淡河から歩いて2,3分のところにある満月堂です。看板商品は豊助饅頭。まんじゅうの皮が薄くて、なかにはたっぷりのこしあんが入っています。1個から買えますよ。

 

店内で食べられるスペースもあるので、ちょっと休憩していくのもいいですね。販路を広げていないのであまり知られていませんが、知る人ぞ知る美味しい饅頭です。

 

以上、神戸市淡河にある「道の駅 淡河」の紹介でした\^o^/

 

淡河や道の駅 淡河の情報は以下からも見られますよ。

神戸市公式サイト「道の駅 淡河」
ウェブマガジン淡河

コメント

タイトルとURLをコピーしました