【季節限定】栗が入った「あも」 とろりとした餅と栗のコラボ

カットした「あも(栗)」

こんにちは、観光特産士の嶋田コータロー(SRokota)です。

 

滋賀県大津市の叶 匠壽庵(かのう しょうじゅあん)がつくる「あも(栗入り)」を食べたので紹介します。叶 匠壽庵の看板商品「あも」の中に栗が入ったものです。

 

あも特有のとろりとした餅と栗のコラボ。栗が入ることで、あもにちょっぴり変化がついて美味しかった~。季節限定のあもです。

 

「あもって何?」という人は以下を読んでみてください

叶 匠壽庵「あも(栗)」 餅の中に栗が練りこんであります

叶 匠壽庵「あも(栗)」の外装

創業1958年(昭和33年)の叶 匠壽庵。あもが誕生したのは、15年後の昭和46年です。わたしが生まれる7年前。(どーでもいい)

 

冒頭にも書きましたが、あも(栗)は菓子名どおり、あもと栗のコラボ。小粒の栗が入っています。包装にも栗が描かれていて、季節感のある一品ですね。

あも(栗)の販売期間は?

公式サイトによると「8月下旬~」となっていて、いつまで販売されるかは記載されていません。

1本のサイズはどのくらい?

叶 匠壽庵「あも(栗)」の箱を手に持っている様子

1本の大きさはこのぐらい。数人で食べる用の贈答にはちょうどよいサイズだと思いますが、我が家のように2人に対してはちょっと大きいです。

 

この半分のサイズがあれば、若い人も自分用にも買いたくなって、さらに爆発的な人気がでるんじゃないでしょうかね(余計なお世話) 赤福餅の2箱入りみたいな小さいサイズも希望します。

箱の中身

叶 匠壽庵「あも(栗)」の箱を開けた様子

あもと同じようにあも(栗)も棹物です。餅がすごくやわらかいわりには、カットしやすいです。あんこが崩れやすいですしべたつくので注意。

値段・日持ち・カロリー

あも(栗)の値段、日持ち、カロリーです。

【値段】

  • 1,404円

【日持ち】

  • 製造日より26日(公式サイトより)

【カロリー】

  • 100g当たり257kcal

【感想】口の中がとろりした食感でいっぱいになる

「あも(栗)」に入っている栗

栗が入ることで、あも特有のやわらかい餅に何らかの変化があるんだろうか・・・ そう考えながらひと口目。

 

おっ、さっそくコロッとした栗にぶつかります。そしてやわらかい餅が口の中でとけていきます!

 

全体的に栗の量が少ないためか、栗の存在感があまりないです。ん~、せっかく栗を使っているのにもったいない。

 

餅の部分は「もちもち」でも「モッチリ」でもない。「とろり」という表現がぴったりじゃないでしょうか。のびがすごいですよ。

「あも(栗)」の餅

とろっとしたお餅はそのまま!小豆の部分も、あもと同じですね。ほどよい甘さでしっとり。小豆の粒がつぶれることなくしっかり生きていて「あぁ、小豆を食べている~」感が味わえます。

 

見方によっては「あもに栗を入れただけ」とも感じるので、もう少し変化がほしいというのが正直な感想です。あんこに栗を混ぜるとか、栗きんとんを入れるとか、栗で小豆を包むとか・・・。(餅がなくなったらあもじゃなくなるか)

 

とはいえ、味に関しては文句なく美味しいので満足しています。餅好き、小豆好きの人は要チェックですよ!以上、叶 匠壽庵のあも(栗)の紹介でした~。

叶 匠壽庵公式サイトで全国の店舗を見る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました