京都土産にどう?あんぽーね(最中)を食べてみた!あんことチーズクリームの組み合わせ!

あんぽーねの外箱

あんぽーねという最中(もなか)を食べてみました。いつも食材を注文しているコープのカタログに載ってまして、ネーミングに惹かれ購入。京都の和菓子店がつくる自作タイプの最中で、なかなか美味しかったです。(コープって時々珍しいスイーツが載るんです)

 

パッケージもオシャレだし、あんこは瓶詰めされているし、お土産・手土産にもいいんじゃないかと思いました。バッチリ写真を撮ったので載せておきますね。

 

  • 商品名:あんぽーね
  • ジャンル:和菓子(もなか)
  • 値段:5個入り1,600円
  • 購入先:コープ注文

京都祇園あのん「あんぽーね」はお土産にしたくなる最中

「あんぽーね」と書かれた文字

あんぽーねをつくってるのは和菓子店・京都祇園あのん。「あんぽーね」は最中なんですけど、名前からは想像できませんよね。なんであんぽーねなんだろうと思い、箱の中身を見ましたら納得しました。最中に詰める中身が、あんことマスカルポーネチーズクリームだからなんです。

 

箱を開封したあんぽーね

箱を開けると中身はこんなかんじ。瓶の包装や最中皮のパッケージなんかもしっかりつくりこまれててオシャレやな~。40歳おっさんのわたしにはちょっとハードルが高い。ドキドキしながら取り出しました。

 

あんぽーねの箱に入っている物(最中皮・あんこ・チーズ・さじ)

箱の中には以下のものが入ってました。

  • 最中皮(10枚、なので5個つくれます)
  • あんこ・ますかるぽーね(チーズクリーム)
  • さじ(2つ)

自分でつくるタイプの最中なので、好きなだけあんこを詰められるのがいいですね。

 

マスカルポーネチーズクリームの瓶を手に持っている様子

瓶のサイズはこのぐらい。5個つくるのにちょうどいい量かなと思います。使った後は便を再利用できそう。

 

あんぽーねに付属している「さじ」

付属のさじ。さきっぽが、ちゃんとスプーン型になっているので使いやすかったです。

【食べた感想】チーズクリームが濃厚!あんことの相性もいい!

あんぽーねのあんことマスカルポーネクリームチーズ

上品に適量を詰めてもよし、右写真のようにこれでもかというぐらい詰めて、バーガータイプにして食べるのもよし。

 

わたしにとっては、あんこ7:チーズ3の配合がちょうどよかったです。一緒に食べた妻は「あんこ4:チーズ6がいい♪」って言ってましたけど。ま、それぞれ好みが違うので、自分にとっての黄金比率を見つけて食べるのがいいですね。

 

チーズクリームは濃厚です!あんこの甘みとチーズのちょっぴり塩気のバランスが絶妙~。あんバターを食べたときの感覚のよう。あんことチーズ、なかなか合いますな。いけるいける。最中の皮もパリサクッとして美味しいです。

 

ただ、湿気るのが早いように感じたので、袋から出したら手早く詰めて、早めに食べるのがよいかと。

 

手のひらにあんぽーねを乗せている様子

大きさはふた口サイズぐらい。あんこ好き・もなか好きのわたしにはもの足りない大きさですが、女性だとこのぐらいでちょうどいいんでしょうね。(もちろん、ちっちゃ過ぎると言う女性もいると思うけど) ギフトにいいんじゃないでしょうか~。

あんぽーねの原材料・日持ち・値段

あんぽーねの原材料名

【原材料】

  • 最中種:もち米(滋賀県産羽二重糯使用)
  • 粒あん:砂糖、小豆、食塩
  • クリーム:ナチュラルチーズ(生乳)、ナチュラルチーズ(生乳、食塩)、砂糖、粉あめ、寒天、トレハロース、安定剤(ローカストビーンガム)、クエン酸、(原材料の一部に乳を含む)

 

【日持ち】

  • 製造日より30日

 

【値段】

今回買った5個入りは1600円でした。

あのんオンラインショップでは通販終了(お中元・お歳暮は可)

あんことチーズをサンドしたあんぽーね

残念なことに、京都祇園あのん公式サイトによると、2019年4月19日をもってあんぽーねの通販が終了したとのことです。(お中元・お歳暮のときは可だそうです) 2019年4月末時点での店舗は、京都祇園あのん本店とJR京都伊勢丹店だけです。また食べたくなったら、京都へ行くしかないのか~。

京都祇園あのん公式サイト
京都祇園あのんFacebook

以下は、京都祇園あのんへ行った方が書いたブログです。お店もオシャレで人気みたいですね。

京都祇園「あのん」のあんぽーねはお土産にぴったり!

コメント