白川郷のお土産「どぶろく羊羹」

どぶろく羊羹の看板

岐阜県にある世界遺産・白川郷を歩いていましたら、上写真の看板をあちこちで見かけました。

「白川郷で作ったお菓子 どぶろく羊羹(ようかん)」「白川郷銘菓 紫蘇もなか(しそ)」。

おぉ~、どちらも白川郷のお土産にぴったりではありませんか。

白川郷には幾つかお土産屋さんがあり、どこもどぶろく羊羹と紫蘇もなか押しです。どぶろく羊羹を購入することしました。

どぶろくとは日本酒の原型でにごったお酒。澱粉などが残ってることもあり、甘味があります。

白川郷のどぶろく羊羹 外装

合掌造り(がっしょうづくり)の家が描かれたパッケージ。手のひらにおさまる小箱サイズです。

どぶろくと白川郷にどんな関係が??と思っていましたら、箱の側面に説明書きあるのに気づきました。

白川郷のどぶろく羊羹 パッケージ側面

白川郷では毎年秋にどぶろく祭りが行われているんですね。作物の豊作や村の平和を神に祈る祭りなんだそう。その祭りの際に、儀式でまた人々にどぶろくがふるまわれるようです。

そんなどぶろく祭りにちなんで作られたのが「どぶろく羊羹」。パッケージには「日本酒の風味を生かしてあります」と書かれています。あ、もちろん濁酒(どぶろく)も使用されていますよ。

白川郷のどぶろく羊羹 パッケージ中 白川郷のどぶろく羊羹 中身

一人で食べきれるサイズ。下のほうから押し上げると羊羹がでてきます。羊羹の登場とともに日本酒のにおいがふわ~と漂います。

白川郷のどぶろく羊羹 中身その2

お酒が原材料に含まれていて、羊羹にしては水分多めだからでしょうか。わりとやわらかい食感で、歯切れのよいかっちり硬めの羊羹ではありません。

お酒の風味はそれほど強くないかなと思っていましたら、味見した妻によると「けっこうお酒の香りするね」とのことです。お酒が飲めない人にとっては、くせのある味と感じるかも。

食べてみての感想は「小豆の風味は弱めでお酒の主張のほうが強い」です。

白川郷に伝わるどぶろく祭りにちなんだ「どぶろく羊羹」。集落のお土産屋さんに「どぶろく羊羹」の看板がかけられていますので、これを探しながら散策するのも楽しいと思います!(ま、すぐ見つかるけどね)

白川郷 天守閣展望台から

▼白川郷を散策した話はこちらに書いています

世界遺産・白川郷の合掌造り
岐阜県北部にある、世界文化遺産・白川郷へ行ってきました。茅葺(かやぶき)屋根が立ち並ぶ独特の集落。いまでも人が住んでるんですよ。 ...

シェアする

フォローする