中島大祥堂の店舗が大阪高島屋にオープン!試食会のレポ&代表銘菓いもくりを食べた感想

中島大祥堂の生菓子

2018年9月5日(水)に中島大祥堂(なかじまたいしょうどう) 大阪タカシマヤ店がオープンします。

 

それに伴い、ブロガー向けの試食会&お披露目会が行われまして、お招きいただきましたので参加してきました!

 

中島大祥堂は兵庫県丹波市に本店をかまえるお菓子屋さんで、創業はなんと1912年(大正元年)。

 

丹波産の黒豆・栗・小豆を使用したお菓子を多く手がけておられますよ。

 

当日試食したケーキや気になったお菓子のこと、また中島大祥堂 大阪タカシマヤ店のオープンニングキャンペーンについて紹介していきます~。

かやぶきはモンブランクリームがたっぷり!

色々なケーキを試食したなかで特に印象的だったのが、こちらの「かやぶき」です。丹波栗をふんだんに使ったモンブランクリームが特徴。

 

築150年の古民家を再建したお店の外観をイメージして作られてるんですよ。茅葺屋根(かやぶきやね)のかやぶきですね。

 

かやぶきを食べに関東から丹波市のお店に来る方もいるそうです!

中島大祥堂 かやぶき

かやぶきの中身

フォークをいれてビックリ!モンブランクリームの中には生クリームが!生クリームがあっさりしていていることもあり、甘ったるくなくおいしい~。

 

下の茶色の部分はただの土台だと思っていましたら、「こちらも食べられるんですよ~♪」と中島大祥堂の方が声をかけてくださいました。

 

えっ、と思いフォークを入れると、サクッとした音。玄米入りのメレンゲとのことで、軽いサクサク感の中に香ばしさがあります。

 

試食会では、シェフパティシエの岡田竜哉さんによる、モンブランクリームのデコレーション実演が行われました。

かやぶきにデコレーションしている様子

▼シェフパティシエ・岡田竜哉さん

中島大祥堂 パティシエ岡田竜哉

参加者の席すべてを回ってくださり、直接質問をする機会もありました。どういうふうにして作られているのか実際に目で見て耳で聞けるのは、食べる側としては嬉しいですよね。

中島大祥堂 大阪タカシマヤ店で特別サイズをもらえるチャンスが!

通常のかやぶきと特大のかやぶき

上写真の2つのかやぶき。サイズが全然違うのがわかると思います。大きいー!

 

手前が通常のサイズで、奥が特別サイズです。特別サイズは通常の5倍もあるのだとか。5人分のかやぶきということですね。

 

なんと、このかやぶきを抽選でもらえるチャンスがあるんですよ!オープニングキャンペーンとして9月5日(水)~9月11日(火)の期間に、1日1台プレゼントされます。

 

ちなみキャンペーンの詳細は以下のとおりです。

  • 期間:2018年9月5日(水)~9月11日(火)
  • 抽選:期間中は毎日、2,000円以上の商品を購入した方先着20名に、はずれなしの抽選が行われます
  • 内容:1等/大きなかやぶき(1日1台)、2等/中島大祥堂 丹波本店の食事券(3,000円券)または焼菓子の詰合せ(3,000円相当)、3等/焼菓子詰合せ(2,000円相当)、4等/黒豆サブレ1枚

 

ん~、どれもほしい笑

 

▼9月5日(水)~9月11日(火)の期間に、かやぶきをはじめとしたケーキなどの生菓子も販売されますよ

中島大祥堂 いろり

奥に写っている「いろり」(丹波産黒豆きなこのダックワーズ)は、黒豆がたくさん入っていてすごく美味しかったです!

中島大祥堂で通年販売されているお菓子

試食会では通年販売されているお菓子のコーナーもありました。こちらはタカシマヤ大阪店で販売されますよ。

中島大祥堂 お披露目会の商品展示

(*こちらの写真は一緒に参加した奥戸サオリ(@saoriokuto)さんが撮影してくださいました)

 

以下のお菓子がありました。

  • いもくり:丹波栗、なると金時芋を使った焼菓子
  • 里々果(りりか):ミルク餡とミルクジャムが入ったミルク饅頭
  • 丹波黒豆サブレ:丹波黒豆入りのサブレ
  • 里山ブラウニー:種なし柚子の多田錦柚子の風味を味わえるブラウニー
  • まめしょこら:丹波産黒豆をチョコで包んだお菓子
  • 豆果:丹波産黒豆を使ったキャラメル菓子

 

こうやってみますと、中島大祥堂のお菓子は丹波産のものがふんだんに使われているのがわかります。丹波の素材を堪能できるお土産ですね~。

 

▼こちらは丹波黒豆サブレ、里々果(りりか)、里山ブラウニー

中島大祥堂 丹波黒豆サブレ 里々果 里山ブラウニー

中島大祥堂の代表銘菓「いもくり」を食べてみました

中島大祥堂 お披露目会いもくり

(*こちらの写真は一緒に参加した奥戸サオリ(@saoriokuto)さんが撮影してくださいました)

 

可愛らしい名前の「いもくり」を食べてみました。

 

ネーミングどおり、芋と栗が使用されているのですが、こちらには丹波栗となると金時芋が。

 

栗だけ、なると金時芋だけというお菓子はよく見かけますが、両方を使ったものって珍しくないですか?

 

▼パッケージは栗型。暖かみを感じる色も素敵ですね~。

中島大祥堂 いもくり外箱

▼横を向けるとこんなかんじです。けっこう厚みがありますよ。

▼持ち手がついているので、そのまま「はい!丹波のお土産!」と言って渡せるのがいいですね。

中島大祥堂 いもくりの箱を持っているところ

▼外装を開けると中には台形の箱が入っています。いもくりの登場が待ち遠しい笑

中島大祥堂 いもくりの外装を開けたところ

▼箱を開封すると、ようやくいもくりが登場!3つ入りでした

中島大祥堂 いもくり箱の中身

▼栗型の菓子の栞も入ってまして、どんなお菓子なのか書かれていますよ。

中島大祥堂 いもくりの菓子の栞

▼こちらが「いもくり」

中島大祥堂 いもくり

丹波のお菓子ということで、丹波立杭焼(たんばたちくいやき)に盛り付けて撮影してみました。自分でいうのもなんですが、美味しそうに撮れているのでは?

 

いもくりはとてもしっとりしている優しいお菓子。うらごしにされた丹波栗が入っています。ところどころに見える粒、これはシロップ漬けにされた渋皮栗です。栗好きにはたまりませんね~。

 

栗と芋が仲良く一つになっていて、相性バッチリ。栗と芋の味、どちらもしっかり感じることができますよ。バターが加わることで洋風の味わいもあります。

 

一緒に合わせる飲み物は何がいいでしょうかね。わたしはほうじ茶と一緒に食べたくなりました。

 

おやつ感覚に食べられますし、ちょっとした手土産やお客さんが来たときのお茶請けにもよいと思います!

 

* * * * *

中島大祥堂 大阪タカシマヤ店のオープンは2018年9月5日(水)。

 

兵庫県丹波市の素材を堪能できるお菓子がたくさんありますので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

ちょうどこれから栗の季節に入っていきますから、栗のお菓子はお土産に最適ですね!

中島大祥堂 大阪タカシマヤ店のアクセス

店舗情報

  • 店名:中島大祥堂 大阪タカシマヤ店
  • 住所:大阪府大阪市中央区難波5丁目1番5号 地階 和菓子売場
  • オープン日:2018年9月5日(水)
  • 営業時間:高島屋大阪店に準ずる
  • 定休日:高島屋大阪店に準ずる

 

中島大祥堂の通販情報

中島大祥堂のお菓子はネット通販でも購入できますよ。

 

丹波本店や高島屋大阪店へ行けないけど食べてみたい!と言う人にはオンラインショップがおすすめです。

 

中島大祥堂のオンラインショップから見る

コメント