大村寿司を長崎空港でいただきました。錦糸卵がのっていて懐かしさを感じる味!

お皿にのせたやまとの角ずし

長崎県大村市の郷土料理「大村寿司」をお土産にいただきました。

 

わたしは長崎県出身なのですが、もうかれこれ20年ぐらい大村寿司を食べていません。(もっとかな) 帰省の際に久しぶりに食べましたので記録を残しておきます。

 

戦国時代から大村市に伝わる歴史のある寿司なんですよ~。

 

大村寿司は長崎空港でも買えますよ

長崎空港で販売されている「やまとの角ずし(5個入りと10個入り)」

大村寿司は長崎空港でも販売されています。

 

「大村寿司をお土産に買いたいけど、実店舗まで行く時間がない!」「大村寿司を空弁にして(駅弁ならぬ空弁)、飛行機の中で食べたい!」そんな人は長崎空港でも売っているので安心してください。

 

わたしがいただいたのは「元祖大村角ずし やまと」の大村寿司。2階のお土産売り場にて、上写真のようなかんじで置いてありました。緑色の包装紙が目印。

  • 店名:やまと
  • 容量:5個入りと10個入り
  • 値段:5個入り756円、10個入り1,512円

*2019年6月時点の情報です

*お土産コーナーには、他店の大村寿司もあるかもしれませんので見てみてください

やまとの大村寿司。シャリの硬さと酢のきき具合が絶妙!

やまとの角ずし(10個入り)を手に持っている様子

10個入りをいただきました。中身がお米ということもあり、けっこうずっしりしています。

 

やまとの角ずし(10個入り)の中身(錦糸卵など)

開封すると、錦糸卵が散らされたキレイな寿司がずらり!写真ではわかりづらいですが、角ずしの10個入りとなっています。

 

お皿にのせたやまとの角ずし

あー、懐かしい味。この味ばい。子供のころに食べた味は忘れませんね。シャリがちょっと固めで酢の味はきつくない。

 

具材はゴボウ、奈良漬、カマボコ、かんぴょう、しいたけなどです。地元の郷土食でなじみがあるということもあり、余計に美味しく感じられます。

 

飽きずに食べられる庶民的な味わいの押し寿司。おいしかったです!!

 

シャリづくりは店主さんが1人でやっておられるそうですよ。以下のサイトで「大村角ずしやまと」の店主さんのインタビューや大村寿司の作り方が読めます。

 

元祖大村角ずし やまと 永田善美男の「大村寿司」

コメント