OMIYA!ライターさんたちと写真勉強会 in倉敷

倉敷

こんにちは!

おみやげライター嶋田コータロー(@SRokota)です。

きょうは岡山県倉敷市でおみやげサイトOMIYA!の写真勉強会に参加してきました。

OMIYA!には全国各地のライターさんが在籍してまして、それぞれの地でお土産紹介記事を書いておられます。

北は北海道、南は福岡と各地に点在しているんです。

なかなか皆で集まる機会がありませんので、運営者の松本博樹(@peter0906)さんが「写真の勉強会をしましょう」と声をかけてくださり、今回は岡山近辺に住んでおられるライターさんが集まって、することになりました。

普段みんながどんな風に写真を撮ってるのか、ワイワイいいながらやろうじゃないかという、そういう会ですね。

猛烈受験合宿のようなものではなくて、雑談もまじえて楽しくやろうという、そういうコンセプトだったんじゃないかと思います。

きょう集まったのは、運営者・松本さん、わたし、鳥取から1人、岡山県内から2人、そして広島県福山市から1人の合計6人。

コーヒーショップで10時から12時まで場所を借りてやりました。

10時から11時までは、わたしがふだん写真を撮るときに考えていること、撮影方法などをまとめた資料っぽいものをシェアしてディスカッションタイム。

お土産のパッケージの撮り方とか、お菓子の写真をどうやってそそるように撮るかとか、そんなことについて皆で意見をだしあいました。

その後、1時間ぐらいかけて、持参したお菓子を撮る練習でした。

▼撮影している松本さん

撮影する松本博樹さん

やっぱりみんなで集まってワイワイいいながらやるのはいいですね。

ふだんからライターさんとメッセージでやり取りはするんですけども、なんだかんだいって撮影するときはみんな一人で、孤独の作業なのです。

とっても素敵な写真が一枚あったとして、その背景にはライターさんが孤独のなか黙々と何枚もシャッターを押し続けている姿があるんですよね。

一人でずっとやると結構ワンパターンになってしまうと思います。

じっさいわたしもそうです。自分でこれがいいと考えてやる撮影方法なんかも、まあ自分だけがいいと思う方法だから、けっこうワンパターンになっちゃうんですね。

写真を撮るアングルであったりとか、使うアイテム・道具であったり。煮詰まってくるというか。

撮影方法をネットや雑誌で調べますけど、まさに必要としている「お土産撮影方法!」なんてものはないわけです。

なので、きょうみたいに、みんなで集まって「これは〇〇がいいんじゃないかとか、そっちもいいけどこれもあるよ」とかアイデアをだしあうと、自分がいままで気づいてなかったことに気づかされます。やっぱり集まるのはいいなぁとつくづく思いました。

それから、撮影云々、写真の勉強云々がなくても、同じ仕事をしてる人達同士で集まって顔合わせるというのはやはりいい。

メッセージでやりとりしたとしても声を聞くことはないので、感情がいまひとつ伝わらないこともあるんじゃないかなと思います。

顔を見て声を聞くと、意見だけじゃなくて感情も共有し合えますよね。これってすごく大事。

ただ単に撮影の技術を高めあうだけではない、大事なことがそこにあるのだろうと思います。

仕事へ取り組むモチベーションが高まること、仲間を信頼することとかもあるんじゃないかなぁ。

またこういう機会があったらぜひ参加したいです。

ちなみに今回、おかりした場所は、岡山県の倉敷美観地区にあるkoba coffeeさん。

吹き抜けづくりの素敵なお店でした~。1階はカフェ、2階にイベントなどできるスペースがあります。

kobacoffee

kobacoffee 店内

kobacoffee 店内

▼2階からの眺め

kobacoffee 吹き抜け

▼2階はこんなかんじ

kobacoffeeの2階

シェアする

フォローする