赤穂名物・塩味饅頭(まんじゅう)6種類を食べてみました。おすすめは?

6つ並べた塩味饅頭

忠臣蔵で有名な兵庫県赤穂市の名物菓子といえば「塩味饅頭」。しおみまんじゅうと読みます。名前のとおり、塩気のする饅頭です。赤穂市は塩の産地としても知られていまして、塩味饅頭には赤穂の塩が使われているんだとか。

 

赤穂市内には塩味饅頭をつくるお店が幾つもあります。「味に違いがあるんだろうか?」という素朴な疑問のもと、6つのお店を巡って、塩味饅頭を買ってきました。食べ比べてみての感想や巡ったお店のマップを書いているので、塩味饅頭を買うときの参考にしてもらえれば嬉しいです。

 

このページで紹介しているのは、以下の6店です。

寒梅粉の中にあんこが入った塩味饅頭

塩味饅頭を手のひらに載せた様子

複数のお店がつくる塩味饅頭ですが、どのお店にも共通しているのは以下の4つ。これが塩味饅頭の特徴といってよいと思います。

  • 大きさは手のひらサイズ
  • 真っ白な見た目
  • 生地の材料は寒梅粉
  • 中身はこしあん

 

横から見た塩味饅頭

どこのお店の塩味饅頭も形はドーム型。そしてサイズも大体同じです。

 

塩味饅頭と塩味饅頭のあんこ

お店ごとにあんの味が微妙に違いますが、粒あんではなく「こしあん」というのはどこも同じです。

6種類の塩味饅頭を食べてみた。おすすめは?

赤穂市内にある6店の塩味饅頭

6種類を食べてみました。わたしと妻と2人で食べたのですが、「あ、これ好き!」という好みが共通していました。私たちの好み&おすすめは、三島屋本店と播磨屋の塩味饅頭です。

 

以下は、食べ比べてみてざっくりした感想です(いうまでもなく、あくまでもわたしの味覚による判断です)

  • 塩気が一番強い:総本家かん川
  • 好きなあんの甘み:三島屋本店
  • 好きな小豆の味:播磨屋、三島屋本店
  • 好きな饅頭生地の味:播磨屋

 

三島屋本店の塩味饅頭

三島屋本店の塩味饅頭

わたしたちのあんの好みは、三島屋本店の塩味饅頭です。「お茶を飲んで食べるとほっこりします。饅頭の皮の食感も好きだな~」by妻

  • 塩気:★★2
  • 甘み:★★★★4
  • 硬さ:★★2
  • 値段:6個入り500円

お店の特徴:お店はこじんまりとしていて目立ちませんが、塩味饅頭の味のレベルは高いんじゃないでしょうか。隠れた名店といってよいかも。きなこ味の塩味饅頭もありますよ。

 

以下は三島屋本店へ行ったときのブログです。

三島屋本店の塩味饅頭を食べてみた。きなこ味もありますよ。

三島屋本店の塩味饅頭を食べてみた。きなこ味もあります。
兵庫県赤穂市にある三島屋本店の塩味饅頭を食べた感想を写真付で紹介しています。6個入り500円を購入しましたが、バラ売りもされていますよ。三島屋本店には定番の塩味饅頭(白)のほかに、きなこ味があるんですよ。お店の外観や内観の写真も載せています。

 

播磨屋の塩味饅頭

播磨屋の塩味饅頭

しっかりと感じられる小豆の味が好印象。甘みと塩気のバランスがとてもよくて、1つ食べるだけではもの足りないぐらいに美味しい。饅頭の皮の歯ざわり、寒梅粉の舌ざわりがとてもよいです!

  • 塩気:★★★3
  • 甘み:★★★★4
  • 硬さ:★★★★4
  • 値段:6個入り648円

お店の特徴:塩味饅頭をつくるお店のなかで一番古いです。元祖の名ににふさわしいクオリティの高い塩味饅頭だと感じます。

 

潮見堂の塩味まんじゅう

潮見堂の塩味まんじゅう

ほんのりゆずの味を感じたですが、気のせいでしょうか?塩気が強すぎず食べやすく、後口もいいですね。

  • 塩気:★★2
  • 甘み:★★★3
  • 硬さ:★★★3
  • 値段:6個入り583円

お店の特徴:潮見堂の塩味饅頭は赤穂土産にぴったりという印象を受けます。バラエティセットのようなタイプがあり、1箱の中に「白、紅、抹茶、ほうじ茶、ゆず」味の塩味饅頭が入っている商品がありますよ。

 

総本家かん川のしほみ饅頭

総本家かん川のしほみ饅頭

わたしに塩気が強く感じられましたが、寒梅粉の生地は美味。あんこの甘みがもう少しあってもいいかなと思いました。

  • 塩気:★★★★4
  • 甘み:★★★3
  • 硬さ:★★★★4
  • 値段:6個入り670円

お店の特徴:山陽自動車道・赤穂ICの近くにある店舗には、甘味処が併設されています。ちょっぴり塩気のあるぜんざいを食べましたが、あっさりしていて美味しかったです。生タイプの塩味饅頭を販売している唯一のお店です。

 

かん川本舗の志ほ万

かん川本舗の志ほ万

かん川本舗の塩味饅頭は「志ほ万」という名前で販売されています。甘みと塩気の主張が強すぎず、バランスもとれていて食べやすいです。特徴といえるかわかりませんが、あんの色が薄いですね。

  • 塩気:★★★3
  • 甘み:★★★★3
  • 硬さ:★★★★4
  • 値段:6個入り604円

お店の特徴:感じのよい店員さんがおられ好印象。おまけをいただきました。お店の向かい側に駐車場がありますし、また駅の近くなので利用しやすいです。

 

巴屋の鹽味饅頭

巴屋の鹽味饅頭

あんの色が濃いので「これはかなり甘いのでは・・・」と思って食べたんですが、思ったよりも甘みは強くなかったです。ほどよい塩気を感じながら、お茶と一緒に美味しく食べました。

  • 塩気:★★2
  • 甘み:★★★3
  • 硬さ:★★★★4
  • 値段:6個入り590円

お店の特徴:お店の内・外ともに雰囲気がよく「赤穂に来た~」と感じられました。お店の外で写真撮りたくなりますよ!笑福亭鶴瓶さんと女優・武井咲さんが訪れたときの写真が飾ってありました。(NHK番組「家族に乾杯」のロケ)

塩味饅頭のお店マップ

上のマップでは、わたしが塩味饅頭巡りをした6店に印をつけています。お店によっては支店があります。詳細はお店の公式サイトで確認してください。

*****

同じ「塩味饅頭」ですが、お店によって微妙に味が違ったので、楽しい食べ比べになりました。饅頭の味だけじゃなくて、お店ごとに違うパッケージ・店内の雰囲気・店員さんのサービスなんかの違いも楽しめてよかったです。

 

ここで紹介したお店以外に、あと3店(?)あるので、そちらも食べてみようと思います!江戸時代から赤穂に伝わる塩味饅頭。これからも食べ継がれてほしいなぁ。

コメント