三島屋本店の塩味饅頭を食べてみた。きなこ味もあります。

三島屋本店の塩味饅頭

忠臣蔵の聖地、兵庫県赤穂市の名物・塩味饅頭をつくる三島屋本店へ行ってきました。

 

2019年3月に、赤穂市内で塩味饅頭をつくる6店舗を巡ったのですが、わたしと妻の味覚では三島屋の塩味饅頭が一番気に入りました。

 

塩味饅頭は生地が硬めなのが特徴なんですが、三島屋のものは割りとやらかかったです。

三島屋本店について

 

三島屋本店 三島屋本店の入口にある「塩味饅頭」ののぼり

三島屋本店がある赤穂市御崎は、瀬戸内海に面した岬になっています。ドライブにいいスポット。近くには温泉地、海洋科学館、遊園地など遊ぶ場所があるので、観光の帰りに三島屋へ寄って塩味饅頭を買って帰るもよいかと。

 

塩味饅頭に同封されていた菓子の栞に、饅頭の由来が書かれていました。栞によると、江戸時代に大石饅頭と呼ばれていた塩気のある饅頭が、天保(1831年~1845年)の頃に三島屋徳次郎をはじめとした名手によって改良が加えられ「塩味饅頭」と呼ばれるようになったとのこと。三島屋本店は三島屋の流れをくむお店だそうです。

 

わたしがこの目でみたわけじゃないんですが、聞くところによると、餡を炊くときには薪を使っているんだとか。

 

三島屋本店の店内

店内に入ると目の前に茶室がありますよ。

 

三島屋本店の店内に掲げられている褒賞状

4,5年に1度開催される全国菓子大博覧会で受賞されています。余談ですが、受賞されている23回大会は岩手県盛岡で開催されました。

 

三島屋本店の塩味饅頭は一番小ぶり

三島屋本店の塩味饅頭の外箱

6個入りを買いました。三島屋本店の塩味饅頭は赤穂浪士の討ち入りの様子が描かれた箱に入っています。江戸時代にタイムスリップしたかのよう。歴史が感じられるこういうパッケージ好きだなぁ

 

三島屋本店の塩味饅頭の外箱に描かれた大石内蔵助の絵

これはたぶん大石内蔵助でしょう。

 

三島屋本店の塩味饅頭の外箱に描かれた赤穂浪士の絵

吉良邸に討ち入る赤穂浪士。

 

三島屋本店の塩味饅頭の箱の中

6個入りには白、きな粉、抹茶の3種類が2つずつ入っています。個包装のデザインは、浅野家の家紋。(大石内蔵助の主人ですね)

 

三島屋本店の塩味饅頭を手に持っている様子

三島屋の塩味饅頭は、赤穂市内の塩味饅頭のなかでは一番小さいと感じました。塩味饅頭ってけっこう硬いんですが、三島屋のはやわらかい!寒梅粉の生地がほろほろっとくずれて舌ざわりがいいですね。

 

わたしの味覚では、甘みがわりと強めに感じました。塩気はそれほどないかな。甘みと塩気のバランスが絶妙で好みの味!とても上品な味。後味よく、くどさを感じず大変満足しました。もう一度食べてみたいと思えた塩味饅頭です。

 

わたしが塩味饅頭を買っているわずか5分ぐらいの間にお客さんが2人入ってこられました。おそらく地元の方でしょう。バラで白を3個買っておられました。(職業柄、人が何を買うか見てしまう) 「饅頭食べたいねぇ。三島屋にちょっと寄っていこうか」なんて感じで、地元の方に愛されているお店なんだろうなぁと空想してしまいました笑

 

きなこ味の塩味饅頭

三島屋本店の塩味饅頭(きなこ、抹茶、白)

三島屋にはきなこ味の塩味饅頭もあります。他店では食べられないので、三島屋へ行くのであればぜひ食べてもらいたいです。きなこの風味がとてもいい。

 

原材料・賞味期限・値段

三島屋本店の塩味饅頭の原材料名

【原材料】

  • 小豆、砂糖、寒梅粉(もち米(国産))、塩、水飴、抹茶、きな粉(大豆を含む)

 

【賞味期限の目安】

  • 購入日:2019月3月14日、賞味期限日:2019年3月24日

 

【値段】

  • 6個入り500円

6個入りのほかに10個、15個、20個、25個、30個入りがあります。

三島屋本店の場所・営業時間・駐車場

三島屋本店の外観

  • 住所:兵庫県赤穂市御崎341-1
  • 電話番号:0791-42-2024
  • 営業時間:8:00~19:00
  • 定休日:年中無休
  • 駐車場:あり(お店兼自宅?の隣にあります)
  • 公式サイト:なし

三島屋本店の周辺道路

お店の前の通り。

赤穂市内にある塩味饅頭の食べ比べ

以下は、赤穂市内にある6店の塩味饅頭を食べたときの感想を書いたブログです。塩味饅頭選びの参考にしてもらえれば嬉しいです\^o^/

 

赤穂名物・塩味饅頭(まんじゅう)6種類を食べみました。おすすめは?

赤穂名物・塩味饅頭(まんじゅう)6種類を食べてみました。おすすめは?
兵庫県赤穂市の名物土産「塩味饅頭」6種類の食べ比べをした感想を紹介しています。播磨屋、潮見堂、三島屋本店、かん川本舗、総本家かん川、巴屋の6店。お店ごとに塩味饅頭の生地の食感・味、あんこの味や塩気が微妙に違いました。塩味饅頭を買う時の参考にどうぞ。

コメント