金沢城にいきる樹齢400年のスダジイ

スダジイ

金沢城の敷地を散策していましたら、他とは雰囲気のことなる一本の木をみつけました。

 

幹や枝の太さに驚きました。写真からもいかに大きいのかわかると思います。

 

なんの木だろうと思い近づいてみると「スダジイ」でした。

スダジイの看板

ブナ科の常緑樹(年中緑色をしている)で、樹齢を重ねると樹皮が縦にさけてくるのだそうです。

 

金沢城のスダジイは、なんと樹齢400年。400年というと1600年代、江戸時代ですね。そんなころから生きてきたとは・・・

金沢城内の木について

長い期間生きてきたんだなぁと、樹皮の色を見ても思いました。黒褐色の樹皮。

 

間近でみると圧倒的な存在感。

 

金沢城のスダジイはわりと目立たない場所に立っているのですが、木に支えられながらもしっかりと地に植わっていました。

 

スダ爺のように、どっしりかまえた円熟味のある人間になりたいなぁ。

 

▼金沢城

金沢城 金沢城

コメント