四万十清流ほくほくマロンを食べてみた!栗の濃厚な甘さが美味しい!

四万十清流ほくほくマロンのタイトル

こんにちは、おみやげライター・嶋田コータローです。

 

妻のお友達から「四万十清流ほくほくマロン」というお菓子をいただきました。(ありがとうございました!!)

 

見た瞬間「あ、高知県のお土産だー!」とわかりました。高知県へ行ったことのないわたしですが、四万十という地名は知っています。四万十川が有名ですよね。

 

それでは、ほくほくマロンを紹介していきます~。

ほくほくマロンには四万十栗が使われている

四万十清流ほくほくマロンのパッケージに描かれた栗の絵

お菓子の名前からお菓子の素材が連想できますね。(あ、パッケージからわかるかぁ)

 

じつはこちらのお土産には四万十川流域で採れた「四万十栗」が使われているんですよ。四万十栗って初めて聞いた~。

四万十栗は糖度が高い!

四万十栗の特徴はその糖度の高さ!

 

蒸すことで、なんと20度にまでなるんだとか!へ~、これは知らなかった。

 

一般的な栗は、土鍋で蒸すと10度ぐらいまで上がるといわれていますので、四万十栗の糖度は驚異的な数値ですね。

 

リンゴ・梨の糖度より高いことになります。(リンゴ・梨は高いもので約15%ぐらい)

 

まぁ、舌で感じる甘さはまた違ったりするのでしょうけどね。

四万十栗はビッグサイズ!

四万十栗の大きさ・重さも、群を抜いています。

 

一般的な栗が20gといわれるのに対して、ビッグサイズの四万十栗は70g超なんだとか。

 

これは実物を見てみたいですね~!

四万十栗がたっぷりのほくほくマロン

四万十清流ほくほくマロン

それでは、四万十栗がたっぷり使われたほくほくマロンを食べてみましょう。

 

パイ生地は割りと肉厚でして、しっかりした生地。

 

しっとりしていますが、べちゃっとしていないですし、ボロボロとくずれおちることもありません。

 

ん~、意外と生地が美味しいなぁ(意外って・・・・・・)

 

 

四万十栗を煮詰めてつくられたマロンあんは、ねっとりして濃厚!

 

あんだけを食べてみたところ、モンブランケーキの巻きクリーム(モンブランの上の部分のことです)のようで、洋のテイストもあります。

 

刻み栗などが入っているわけではありませんが、しっかりと栗感のあるパイまんじゅうですよ!

 

手のひらに乗るサイズで、1つ食べればちょうどよい具合に満たされました!

 

四万十清流ほくほくマロンのマロン餡

四万十清流ほくほくマロンのパッケージ写真

高知のお土産にするときの参考になればと思い、パッケージの写真も載せておきますね。

 

▼箱は縦長

四万十清流ほくほくマロン 外箱

栗デザインの暖かみのあるパッケージになっていますね。

 

▼開封した写真

四万十清流ほくほくマロンを開封した写真

開けるとこんな感じで並んでいます。7個入りですが、もう1つ入りそう笑

 

▼個包装

四万十清流ほくほくマロンの個装

よーく見ると、個包装にも栗がデザインされています。

 

栗のあんって、なんともいえない甘さで美味しいですよね。いい高知土産をいただいたなぁと、大満足です!

栗のお菓子を食べていたら、四万十栗も食べてみたくなりました(ふつうは逆だけど笑)

コメント