とりいさん家の芋ケーキがまったりした甘さで美味しい!お店でペンギンが見られるよ

とりいさんちの芋ケーキ

こんにちは!おみやげライター嶋田コータロー(@SRokota)です。

 

兵庫県三木市の有名なスイーツに「とりいさん家の芋ケーキ」というのがあります。

 

その名のとおり、鳥居さんが手がけた芋ケーキなんです。ってそのままですが・・・。

このケーキ、一時期は楽天のスイーツその他部門ランキングで何度も1位になったことがあるんですよ。

 

とりいさんちの芋ケーキとは、

  • 鳴門金時の里むすめを使用して、
  • ケーキのうち5割以上がさつまいもで、
  • 生クリームも混ざったムースのようなケーキ。

 

これまで名前を聞くだけで未だ食べたことがなかったので、先日発祥地で買ってきました!

お店の名前はバランタイン

 

バランタイン外観

発祥地はこちらのバランタインというお店。公式サイトには「since1983」となっていますので、30年以上続くお店なんですね。

▼お店の前には大きな看板がでています。これが目印。

 

バランタイン看板

バランタイン看板

お店は木に隠れて見えにくいんですけど、ペンギン入りの大きな看板がでていますので見つけやすいです。

▼車で走っていてもすぐにわかりますよ

バランタイン看板

駐車場

▼お店すぐ前の駐車場

バランタイン駐車場

駐車場は2箇所。お店のすぐ前の駐車場とその隣の空き地。(ん?空き地ではないか。バランタインの駐車場)

2箇所あわせて、20~30台ぐらいは止められるんじゃないでしょうか。

上記の写真は11時半ごろです。すでに店内ではランチを楽しむ人たちでいっぱい。

とりいさんちの芋ケーキだけではなく、ランチを食べに来る人が多いようです。

▼正面はこんなかんじ

バランタイン

▼これがうわさの「とりいさん家の芋ケーキ」。めっさおいしいです。

とりいさん家の芋ケーキの看板

店内では鳥居さんが迎えてくれる

▼店主の鳥居さん像

鳥居さん

お店に入ると鳥居さんが迎えてくれます。

あれ?鳥居さん、体めっちゃ小さいですやん。全身色白やし。これはイカの食べすぎか、シーツにくるまり過ぎか・・・。

あ、よく見たら鳥居さんの銅像でしたね。すみません、すみません。

と、冗談はさておき、実物の鳥居さんはもちろん銅像そっくりです。(逆やろ)

とりいさん家の芋ケーキ

店内に入るとすぐ目につくのは、とりいさん家の芋ケーキです。

とりいさん家の芋ケーキSML

持ち帰り用のサイズはS・M・Lの3種類。

  • S:直径9.5センチで2人分
  • M:直径12センチで4,5人分
  • L:直径15センチで6~8人分

▼こちらはお店で食べる用

とりいさん家の芋ケーキ

あま~い芋ケーキを想像していたのですが、それほど甘みは強くありません。

さつまいもがたっぷり使われているのがわかる濃厚さです!生クリームとまざることで、ふわっとしたやさしい甘さになっていますね。

まったりねっとりしたさつまいもの食感と風味がやみつきになりそうです。

上部のキャラメルの部分がほろ苦く、これがアクセントになっていいですね。

さつまいもを使用したお菓子が色々とあるなか、とりいさん家の芋ケーキはほかにない味わいがあります。

さつまいものお菓子が好きな人は、はまると思いますよ!

バランタインにはペンギンがいる

バランタインのペンギン

店内には可愛らしいペンギンがいます。5匹ぐらいいたかな・・・。

看板のペンギンはこの子たちのことだったんですね~。

頼んだメニューが出てくるのを待つ間、ペンギンを観賞するのも楽しいですよ。

お店へのアクセス

店舗情報

  • 住所:兵庫県三木市宿原293-3
  • 電話:0120-27-0088
  • 営業時間:11:00〜21:00(ラストオーダーは20:30)
  • HP:バランタイン

コメント