2月にOMIYA!で紹介したお土産の中から5選

こんにちは!嶋田コータロー(@SRokota)です。

 

2月もたくさんのお菓子を、おみやげサイトOMIYA!で紹介させていただきました。執筆・撮影頑張りました~。いつもお仕事くださりありがとうございます!

 

OMIYA!で紹介させてもらった中から、「これは!」「へ~!」「おもしろい!」と思ったお土産を5つ選んでみました。

 

ブラック二〇加煎餅

ブラック二〇加

福岡県のお土産ブラック二〇加煎餅(にわかせんぺい)です。

 

タレ眉が特徴の二〇加煎餅をご存知でしょうか?そのメガネバージョンといったらいいのでしょうか、ブラックバージョンといったらいいのでしょうか。

 

もうこういうお土産大好きですね~!ユニークなことが好きな人であれば、このわたしの気持ちをわかっていただけるんじゃないでしょうか。

 

撮影のときは、ずっとメガネがわたしを見ているようで、視線を感じまくりながらのひと時でした。おまけのメガネのお面をつけて妻に写真を撮ってもらいましたが、ただの怪しいおじさんでした。

 

味にも特徴がありまして、黒糖と食用の竹炭が使われてるんですよ。プレーンタイプの二〇加煎餅ほど卵風味が強くなく、おいしかったです。

マジンガーZの二〇加煎餅

マジンガーZ×二〇加煎餅

こちらも二〇加煎餅シリーズ。

 

な、な、なんと、マジンガーZと二〇加煎餅がコラボした「マジンガーZの二〇加煎餅」ですよ~。

 

マジンガーZの額にちょこんと佇むにわか面がシュールだなぁ。

 

煎餅はビッグサイズでスマホよりも大分おおきいです。思わず大きいZ~と叫びたくなりました。味はプレータイプの二〇加煎餅と同じですね。

にわかもなか

にわかもなか

3つめも二〇加シリーズで、こちらはにわかもなか

 

もなかの皮に、にわかの表情が刻まれていてユニークですね~。と、ここまで取り上げた3つのお土産、すべてユニークなものばかりやなぁ。

 

ユニークな部分ばかりがクローズアップされがちですが、こちらはけっこう本格的なもなかで旨いですよ!

村岡屋 苺羊羹

 

村岡屋苺羊羹

今月は佐賀県の村岡屋さんの和菓子の紹介記事も書きました。

 

写真は季節限定の苺羊羹です。

 

イチゴと羊羹の組み合わせって珍しくありませんか?季節を感じられる羊羹で、とても爽やかフルーティな味わいでした。これはおすすめできます!

 

限られた期間しか入手できないのが残念です~。来シーズンは故郷の家族に贈ってみようかな。

鍋島さま

鍋島さま

九州人であれば、そして歴史好きであれば鍋島と聞いてピンとくるはず。

 

写真のもなかは佐賀藩を治めた鍋島家にちなんだ「鍋島さま」です。

 

第13代まで続いている鍋島家のなかで、わたしが知っているのは鍋島直茂と鍋島勝茂の二人だけです。むかし「信長の野望」という戦国シミュレーションゲームにはまっていまして、そこで鍋島直茂のことを知りましたね。

 

もなかの皮には鍋島家の家紋が刻まれています。鍋島家の家紋をこんなにじっくり見るのは初めてかも。味は2種類で、小豆と抹茶。

 

お菓子を通して歴史を知るというのも面白いですね~。

今月のお土産ひと言

にわか面×おみやん、もしこういうのがあれば、一体どんな姿になるでしょうか・・・

(おみやんとはOMIYA!のキャラクター)

 

コメント