深川屋の「関の戸」は370年余の歴史を持つ上品な餅菓子

深川屋「関の戸」の外箱

江戸時代から伝わる、三重県亀山市の銘菓を食べたので紹介します。

 

370年余年の歴史がある和菓子。寛永年間(1624~1644)に創業した、深川屋がつくる「関の戸(せきのと)」です。

 

三重県亀山市といえば、江戸時代に宿場町として栄えたところ。関宿(せきじゅく、せきしゅく)として知られています。(東海道五十三次のなかで47番目の宿場) そんな宿場にちなんだ和菓子です。

 

求肥×こしあん×和三盆糖という組み合わせで、とっても上品な味わいでした!

深川屋の関の戸について

銘菓関の戸と書かれた文字

関の戸はこし餡が入った餅菓子です。表面には高級砂糖といわれる和三盆糖がまぶされています。和三盆糖とは、四国の香川県・徳島県で昔からつくられている砂糖です。溶けるような口当たりのよさが特徴的な砂糖。

 

そんな和三盆糖ががまぶされていることもあり、関の戸の味わいはとても上品です。菓子の味だけじゃなくて、関の戸の歴史もまた人をひきつけるんじゃないかと思います。

 

関の戸に同封されている菓子の栞に書かれていますが、1780年に書き記されたレシピを今も受け継いで作っているそうですよ。それだけの歴史があるのだから、きっとお店も素敵にちがいない。

 

・・・と思って深川屋の公式サイトを見てみると、店内の写真が掲載されていました。なんとなく江戸時代の雰囲気を感じることができますよ。(って、江戸時代に生きてたわけじゃないけど笑) ぜひお店にも足を運んでみたいですし、亀山市に残る宿場の町並みも見てみたいなぁ。

 

深川屋公式サイト

 

深川屋「関の戸」の箱を手に持っている様子

深川屋「関の戸」の開封写真

6個入りは箱の長さは20cm超あります。

 

深川屋「関の戸」の個包装を手に持っている様子

深川屋「関の戸」を手にひらにのせている様子

このページで紹介しているのは6個入りです。細長い箱に、一つひとつ包装された関の戸が入っています。小ぶりで、ホントにひと口サイズです。

【食べた感想】小豆の存在感と和三盆糖の上品な甘みが際立っている

お盆に乗せた深川屋「関の戸」

さきにも書きましたが、なによりもちっちゃいサイズに驚きました。和菓子の雑誌なんかで見ると、もっと大きく見えるので、温泉饅頭ぐらいあるのと思っていました。

 

餅菓子ではあるものの、サイズのせいもあってか、餅自体の存在感はそれほどなく、大福のように「餅を食べている!」というかんじはしませんね。

 

ひと口入れると、さらりと溶ける和三盆糖とこし餡の味がやってきます。口にいれたときに感じた甘みがとても印象的でした。口当たりがとてもよく、やさしい甘さに気持ちがほっこり。

 

わたしには、こし餡の味があとを引くように感じられまして、小豆好きにとってはたまらない後口でしょう。絶妙な味わいとはこういう味をいうんだろうなと思いました。

 

「お茶請けとして美味しい和菓子をちょっと食べたい」、そんなときによいと思います。味のよさはもちろんのこと、370年ほどの歴史を持つお菓子ってそうないですから、亀山市付近に観光で行く機会があれば、ぜひ一度食べてみてほしいです!

関の戸の原材料・賞味期限・値段

【原材料】

  • 砂糖、小豆、水飴、餅粉(国内産)、トレハロース

 

【賞味期限】

  • 製造日から15日間

 

【値段】

今回購入した6個入りの価格です。

  • 500円

 

関の戸はどこで買える?

深川屋公式サイトに取り扱い店舗が掲載されています。三重県内ではいろんな場所で販売されていますよ。東京、横浜、北海道、福岡などの百貨店でも買えるようです。

関の戸の取り扱い店舗一覧

おまけ:関の戸にはあんぱんもあるよ!

なんと、関の戸にはあんぱんがあります!食べた人の感想を見ると、パンの中に関の戸が3つ入っているそうですよ。どんなかんじなんだろう~。こちらも気になります!

ほかのお土産も見ていきませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました