明植堂の子もちたこ最中。ユニークなたこ型で可愛い&美味しい!

「子もちたこ最中」とかかれた文字

兵庫県明石市の和菓子、明植堂の「子もちたこ最中(もなか)」を食べたので紹介します。形がユニークで可愛く、それでいて美味しい最中です。

 

袋を開けたときは、新種のタコを発見した気分になりました笑 生き物の方をしたご当地最中もいいですね~。ほっこりした気分になります。

 

明植堂の子もちたこ最中は3種類のタコ型もなか

明植堂「子もちたこ最中」の粒あんと白あんと抹茶餡

明植堂の子もちたこ最中は3種類の味が入った、たこ型もなかです。粒あん、白あん、抹茶の3つの味を楽しめます。

 

子もちたこ最中を作っている明植堂は創業1875年(明治8年)の老舗。本店は明石駅から南へ歩いて3,4分、明石銀座通りからすこし入ったところにありますよ。

 

子もちたこ最中のタコの表情

たこ最中の表情。海坊主のようでちょっと怖いですが、愛嬌がありユニーク。

 

子もちたこ最中を手のひらに乗せている様子

体長約6センチ。ずっしり感があります。このフォルムがなんともいえず、頭をなでたくなる。

 

横から見た子もちたこ最中

横からも撮ってみました。だるまみたいな体型のぽっちゃりしたタコ笑 ん~、食べごたえありそう!

 

原材料・賞味期限・値段

参考までに原材料・賞味期限・値段を書いておきますね。

【原材料】

  • 砂糖、白手亡、小豆、最中皮(国産餅米)、餅粉、麦芽糖、水飴、寒天、抹茶

 

【賞味期限の目安】

  • 購入日:2019年7月9日、賞味期限日:2019年7月16日

 

【値段】

  • 6個入り:1080円

【食べた感想】お腹の中には餅が入っているよ

子もちたこ最中のあんこと餅

たこのお腹の中には、ちっちゃな餅が入っています。「子もち」という名前にぴったりの中身ですね。撮影のためとはいえ、半分に割くのが忍びなかったです。とかなんとか言って、結局食べるんやけど。

 

最中種(もなかの生地のこと)のパリッと感は、5段階中3ぐらい。も少しパリッパリッというかんじだと、もっといいかな。ま、このぐらいでも好きですけどね。(どないやねん!)

 

粒あん、白あん、抹茶、どれも餡子(あんこ)も美味しくて、一緒に食べた妻も大満足でした。(一気に2つ食べて満腹になり苦しんでいたが) しっかり甘いんですがしつこさはないので、ペロッといっちゃいますよ。

 

パッケージにたこが描かれていて、明石だこの産地・明石のお土産として誰かに渡すのにもよいと思います!持ち手がついているのでそのまま渡せますね。

  • リピートしたい感:★★★★☆4
  • おすすめ感:★★★★★5
  • 満足感:★★★★☆4(最中の皮のパリパリ感がもうちょっとほしかったので)

子もちたこ最中の外箱

子もちたこ最中を買ったお店

子もちたこ最中のパッケージと中身

新神戸駅直結のコトノハコ神戸3階にある「おみあげ発掘屋」で買いました。明石駅構内にあるピオレには明植堂の店舗が入っていますよ。

 

以下はおみあげ発掘屋へ行ったときのブログです。

コトノハコ神戸の「おみあげ発掘屋」へ行ってきた

コトノハコ神戸の「おみあげ発掘屋」へ行ってきた。マニアックなお土産を期待します。
2019年7月4日にオープンしたコトノハコ神戸の「兵庫県おみあげ発掘屋」へ行ってきたので紹介します。場所は新神戸駅直結のコトノハコ神戸3階。営業時間は11時~21時です。兵庫県の海の幸、山の幸、肉の幸、酒の幸などお土産品が販売されています。

コメント