【神戸土産】バターシューラスク「神戸旧居留地5番」のザクザク食感がおいしい!

バターシューラスク「神戸旧居留地5番」の外装と小袋

バターシューラスク「神戸旧居留地5番」を食べたので紹介します。

クイズ番組99人の壁にわたしが出演した様子を見てくださった方が、メッセージをくださいまして、ラスクの存在を知ったというわけです。

クイズに出演ってなんのこっちゃ?という人は以下から読んでみてください。フジテレビのお土産クイズに参加したときに書いた感想ブログです。

 

和菓子派のわたしは、普段、あまり洋菓子を食べないのですが、カップに入ったラスクが珍しくてなんか気になり食べてみることに。

パンのラスクとはまた違って、ジューシーさもありおいしかったですよ!調べてみると、神戸土産としてじわじわと人気が出てきているよう。

バターシューラスク「神戸旧居留地5番」ってどんなお菓子?

パッケージに「神戸旧居留地5番」と書かれた文字

バターシューラスク「神戸旧居留地5番」。洋菓子のネーミングとしては珍しく、数字以外全部漢字。

旅行者がパッと見ただけでは「ふーん、そういうお菓子があるのね」ぐらいで終わるかもしれません。

が!このネーミング、神戸の歴史を思い出させる上で、また皆に知ってもらう上でなかなかよいとわたしは感じています。

1800年代、長く続いた鎖国時代が終わり神戸の港が開港されたわけですが、以降、海外の人が神戸に住めるようにと、居住区(外人居留地)が建設されました。

神戸には早くから外人さんが住んでいて、西洋の文化が入ったというわけです。(すごく簡単に説明しましたが)

で、その居留地をイメージしてつくられたラスクが「神戸旧居留地5番」なのです。

いまでも神戸市中央区では西洋風の建物を見ることができますし、「旧居留地 大丸前駅」なんて駅もありますので、神戸旅行の際はぜひ訪れてみてください。

神戸の外人居留地については以下のサイトに詳しく書いてあります。

神戸旧居留地オフィシャルサイト

 

バターシューラスク「神戸旧居留地5番」を手に持っている様子

カップの大きさはこのぐらいです。パクッと食べて、サッとフタして、また食べたくなったらフタを開けてと、食べやすいのでカップ入りのラスクもありかな。

パッケージに旧居留地の建物の壁をイメージしたイラストが描かれていますよ。

オシャレなのでバッグにしのばせておいて、小腹がすいたときのおやつにしてはいかが?

【食べた感想】ザクザク食感!たっぷりのアーモンドとバター風味がおいしい!

バターシューラスク「神戸旧居留地5番」とパッケージ

アーモンド入りのラスクでバター風味いっぱいです!ザクザクした軽い食感がおいしくて、食べる手がとまらなくなりそう。

見た目以上に軽いかんじで食べやすいのもポイント高。

パンのラスクだとぱさっとしたタイプもあるので口がもごもごするのですが、こちらはそんなこともなく、ジューシーさが感じられます。

これはなかなかいけるぞ~。

 

神戸バターシューラスクを手に持っている様子

シュー生地をラスクにしてあるため、パンのラスクのように形が整っていません。ゴツゴツした手触りで、ひとかけらのサイズがけっこう大きいです。

お土産にするなら誰に?

やはり、まずはラスク好きな人へのお土産にしたいですね。それから洋菓子好きやオシャレな友人へのお土産にもよさそう。

硬すぎない(というか、ラスクにしてはやわらかめ?)ので、年配の人でもおいしく食べられるんじゃないでしょうか。

神戸ならではのネーミングとカップ入りラスクというユニークさが気に入りましたので、神戸土産としておすすめできます!(もちろん味も)

原材料・賞味期限・値段

【原材料】

  • バター、卵、砂糖、小麦粉、牛乳、乳等を主要原料とする食品、アーモンドスライス、食塩/香料、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆を含む)

 

【賞味期限の目安】

  • 製造日より30日

 

【値段】

  • 700円

バターシューラスク「神戸旧居留地5番」を買えるお店

以下はわたしが確認したお店です。これ以外にもあると思いますので、わかり次第追記しますね。

  • JR三ノ宮駅構内のアントレマルシェ(セブンイレブン内にあるお土産コーナーです)
  • 新神戸駅
  • 山陽自動車道 三木サービスエリア(上り)

追記:

  • ハーバーランドモザイク内のお土産店

ネット通販ですと、神戸旧居留地5番を手がけているアットグロウ公式ショップ 楽天市場店で買えますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました